110キロの巨大深海魚 鳥取沖で網に

110キロの巨大深海魚 鳥取沖で網に | NHKニュース

でけぇ・・・


鳥取市沖の日本海で、重さが100キロを超える巨大な深海魚が網にかかり、16日朝、鳥取港に水揚げされました。

水揚げされたのは、「オオクチイシナギ」と呼ばれるスズキ科の深海魚で、体長1メートル70センチ、重さは110キロあります。

地元の漁協などによりますと、15日、鳥取市の沖合90キロの日本海でタイなどを取るため底引き網漁をしていたところ、網にかかったということです。

鳥取県水産試験場によりますと、オオクチイシナギは沖縄から鹿児島にかけての水域で多く見られ、山陰沖でもたまに水揚げされることがありますが、大きさは50センチ程度で、1メートルを超えるものは珍しいということです。

水揚げされたオオクチイシナギは近くの水産加工会社に5万円で競り落とされ、訪れた人たちが興味深そうに見学していました。

競り落とした水産加工会社の浜下哲爾社長は「こんな大きなサイズは初めてで、思わず競り落としてしまいました。刺身にすると200人前になると思います」と話し、刺身にするか鍋にするか考えたいとしています。

鳥取県水産試験場の太田武行主任研究員は「日本海では最近しけが続き、漁獲量が伸び悩んでいるので、今回の『大物』をきっかけに漁獲量が好転すれば」と話していました。

情報源:110キロの巨大深海魚 鳥取沖で網に | NHKニュース


オオクチイシナギ | 魚類 | 市場魚貝類図鑑

オオクチイシナギ | WEB魚図鑑


へぇ・・・