コレガの無線LANルーター「CG-WGR1200」に脆弱性、対策の予定なし | スラド セキュリティ

えぇ・・・

コレガが2013年に発売した無線LANルーター「CG-WGR1200」に複数の脆弱性があることが公表された。すでにコレガによるサポートは終了しており、ファームウェアの修正などコレガによる対策は実施されない。そのため、利用者に対しては使用停止が推奨されている(INTERNET Watch)。

JVN#15201064によると、存在が明らかになった脆弱性はバッファオーバーフローおよびOSコマンドインジェクション、認証不備の3つで、第三者によって任意のコードやOSコマンドの実行、ログインパスワードの変更などが行われる可能性があるという。

コレガの無線LANルーターに対しては過去にもサポートが終了した機器に脆弱性が見つかり、使用中止が呼びかけられたことがあった(過去記事1過去記事2)。

情報源:コレガの無線LANルーター「CG-WGR1200」に脆弱性、対策の予定なし | スラド セキュリティ


サポート終了品か。