シンドラーエレベータ事故 保守会社会長ら2審で逆転無罪判決

シンドラーエレベータ事故 保守会社会長ら2審で逆転無罪判決

ふむ・・・


12年前、東京・港区で高校生がエレベーターに挟まれ死亡した事故をめぐり、業務上過失致死の罪に問われた保守会社の会長ら3人の裁判で、2審の東京高等裁判所は1審の有罪判決を取り消し、無罪を言い渡しました。この事故ではメーカーの元社員の無罪がすでに確定し、罪に問われた4人全員に無罪の判断が示されました。

平成18年6月、東京・港区のマンションで高校2年生だった市川大輔さん(当時16)が扉が開いたまま動き出したエレベーターに挟まれて死亡しました。

事故の前に点検を行っていた保守会社の会長ら3人は業務上過失致死の罪に問われ、無罪を主張しましたが1審の東京地方裁判所は、いずれも執行猶予のついた有罪判決を言い渡し、被告側が控訴していました。

14日の2審の判決で東京高等裁判所の秋葉康弘裁判長は「保守会社の担当者が事故の9日前に点検を行った時にエレベーターに異常が生じていたことを認めるだけの証拠はない」として1審の有罪判決を取り消し、無罪を言い渡しました。

この事故ではメーカーの「シンドラーエレベータ」の元社員の無罪がすでに確定し、罪に問われた4人全員に無罪の判断が示されました。

港区長「事故を風化させぬ」

事故のあったマンションを所有する東京・港区の武井雅昭区長は判決を受け「区は、区民の安全・安心の確保を最重要課題と位置づけ、区が持つすべての施設に対する総点検や職員の意識改革に取り組んでいます。事故を風化させることなく、引き続き全力で取り組みます」というコメントを出しました。

情報源:シンドラーエレベータ事故 保守会社会長ら2審で逆転無罪判決 | NHKニュース


東京都港区の公共住宅で2006年、市川大輔(ひろすけ)さん(当時16)がシンドラー社製のエレベーターに挟まれて死亡した事故で、業務上過失致死罪に問われた保守会社の幹部ら3人の控訴審判決が14日、東京高裁であった。秋葉康弘裁判長は3人を有罪とした一審・東京地裁判決を破棄し、無罪を言い渡した。

判決などによると、市川さんが降りようとした際、扉が開いたまま上昇し、建物の天井とエレベーターの床に挟まれた。裁判では事故原因とされるブレーキ部品の異常摩耗の発生時期が争点になっていた。

一審判決は、事故時に保守業務を担当していた保守会社「エス・イー・シーエレベーター」(東京)の点検員が最後に点検した06年5月時点で、異常摩耗が発生していたと判断。その兆候を見逃した原因は同社の保守管理体制にあるとして、「事故は予想できた」と結論付けた。

一方でこの日の二審判決は06年5月時点で異常摩耗が発生したとは認められないと指摘した。

事故を巡っては、同社より以前に保守業務を担っていたシンドラー社の元課長も同罪に問われたが、一、二審ともに無罪となり、確定している。

情報源:シンドラー社事故、保守会社幹部らに逆転無罪 東京高裁 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

情報源:シンドラー社事故、保守会社幹部らに逆転無罪 東京高裁:朝日新聞デジタル


東京都港区のマンションで2006年、都立小山台高2年の市川大輔(ひろすけ)さん(当時16歳)がエレベーターに挟まれ死亡した事故で、業務上過失致死罪に問われた保守管理会社「エス・イー・シーエレベーター」の3人に対し、東京高裁(秋葉康弘裁判長)は14日、いずれも執行猶予付きの有罪とした1審・東京地裁判決(15年9月)を破棄し、無罪とする判決を言い渡した。

逆転無罪となったのは、会長の鈴木孝夫(74)▽社長の西村裕志(58)▽メンテナンス部長の根本邦男(71)=肩書はいずれも当時=の3被告。

この事故の公判ではエレベーターのブレーキ部品が異常摩耗状態になっていた時期や事故の予見可能性などが争点となった。

1審判決は、エス社が点検した06年5月には遅くとも異常摩耗状態になっていたのに対策を講じなかったとして、鈴木、西村両被告に禁錮1年6月、執行猶予3年、根本被告に禁錮1年2月、執行猶予3年を言い渡していた。

一方で、製造元「シンドラーエレベータ」の保守担当課長(当時)は1、2審で無罪を言い渡され、先月、確定した。【石山絵歩】

情報源:<エレベーター事故>保守管理会社3人に逆転無罪 東京高裁 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

情報源:エレベーター事故:保守管理会社3人に逆転無罪 東京高裁 – 毎日新聞


はぁ・・・