首相「書き換え前の文書を見ても私も妻も関与なしは明確」

ふむ・・・


参院予算委員会は14日午前、民進党など多くの野党が欠席する中、安倍晋三首相が出席する集中審議を行った。森友学園への国有地売却に関する決裁文書の改ざんについて、首相は「私から文書の書き換えを指示したことは全くない」と述べ、自らの関与を否定した。麻生太郎副総理兼財務相も同様に指示を否定した。

首相は「行政府の長として責任を痛感している」とする一方、「麻生氏には二度とこうしたことが起きないよう責任を果たしていただく」と述べ、麻生氏を続投させる意向を改めて示した。

森友学園への国有地払い下げについては「書き換え前の文書を見ても、私や妻が関わっていないことは明らかだ」とし、自身や妻昭恵氏の関与を否定。「私や妻が払い下げに、事務所も含めて一切関わっていないということは明確にさせていただきたい」と強調した。

改ざん前の文書に、「夫人(昭恵氏)からは『いい土地ですから、前に進めてください』とのお言葉をいただいた」という記述があったことについては、首相は「妻に確認したがそのようなことは言っていないということだった」と語った。

財務省の太田充理財局長は予算委で、今月5日に国土交通省から決裁文書に書き換えの可能性があると連絡があったにもかかわらず、麻生氏に伝えたのは11日だったと説明。「国会を冒とくする、との批判は免れない。深くおわび申し上げる」と述べた。

麻生氏は改ざんの理由について「佐川(宣寿前国税庁長官)の国会答弁と資料の齟齬(そご)や誤解を招かないことが主たる目的で、偉い方々の意見、陳情にそんたくして何とかしたということではない」と述べ、政治家らの関与の影響はなかったとの認識を示した。

予算委の金子原二郎委員長は、審議の冒頭、改ざんについて「言語道断だ。財務省は捜査に全面協力し、自ら解明に当たってほしい」と発言した。【光田宗義】

情報源:<参院予算委>改ざん「指示せず」首相、関与を改めて否定 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

情報源:参院予算委:改ざん「指示せず」首相、関与を改めて否定 – 毎日新聞


参院予算委員会は14日午前、安倍晋三首相と関係閣僚が出席して集中審議を行った。

学校法人「森友学園」への国有地売却に関する財務省決裁文書の改ざんについて、首相は「私から文書の書き換えを指示したことは全くない」と全面的に否定した。麻生太郎副総理兼財務相も「指示したことはない」と改めて強調した。自民党の西田昌司氏への答弁。

首相夫人の昭恵氏が学園側に「いい土地ですから、前に進めてください」と発言したと改ざん前文書に記載されていたことについて、首相は「妻に確認した。『そんなことは言っていない』ということだった」と説明した。

首相は国有地売却に関し「一切関わっていない」と重ねて主張し、「書き換え前の文書を見ても明らかだ」と述べた。麻生氏の進退に関しては「信頼回復に向け組織の立て直しに取り組んでほしい」と続投させる考えを重ねて示した。

麻生氏は改ざんの動機について「佐川(宣寿前国税庁長官)の答弁と資料の間に齟齬(そご)や誤解を招かないことが主たる目的で、偉い方々を忖度(そんたく)したわけではない」と説明。財務省の太田充理財局長は佐川氏の答弁が「やや雑になってしまったものもある」と認めた。

情報源:改ざん、自身の指示否定=安倍首相、昭恵氏発言「ないと確認」―森友問題・参院委 (時事通信) – Yahoo!ニュース

情報源:改ざん、自身の指示否定=安倍首相、昭恵氏発言「ないと確認」-森友問題・参院委:時事ドットコム


「森友学園」への国有地売却に関する財務省の決裁文書が書き換えられた問題をめぐり、安倍総理大臣は参議院予算委員会で「書き換え前の文書を見ても、私や私の妻が関わっていないことは明らかだ」と述べました。そのうえで「これまでも申し上げてきたとおり、私や妻が国有地の払い下げや学校の認可に、事務所も含めて一切関わっていないことは明確にしたい」と述べました。

情報源:首相「書き換え前の文書を見ても私も妻も関与なしは明確」 | NHKニュース


「森友」安倍首相と麻生財務相 ともに「書き換え指示せず」
「森友」安倍首相と麻生財務相 ともに「書き換え指示せず」

「森友学園」への国有地売却に関する財務省の決裁文書が書き換えられた問題をめぐって、安倍総理大臣と麻生副総理兼財務大臣は、参議院予算委員会でそれぞれ、「文書の書き換えを指示したことはない」と述べました。

情報源:「森友」安倍首相と麻生財務相 ともに「書き換え指示せず」 | NHKニュース


「森友」 小泉元総理「判断力がおかしい」
「森友」 小泉元総理「判断力がおかしい」

「森友学園」への国有地売却に関する財務省の文書の書き換え問題をめぐり、小泉 元総理大臣はBSフジの番組で、安倍総理大臣が辞任した佐川 前国税庁長官の人事を「適材適所」と答弁したことなどを、「判断力がおかしくなっている」と批判しました。

この中で、小泉 元総理大臣は、「ありえないことが起こった。安倍総理大臣が、『私や妻が関係していたら、総理大臣も国会議員も辞める』と国会で答弁したことで、財務省の官僚が、『これは大変なことだ。安倍総理大臣の答弁にあわせなければいけない』と、改ざんが始まったとみている。官僚がそんたくした」と指摘しました。

また小泉氏は、辞任した佐川 前国税庁長官の人事について、「理財局長の時に、『文書は残っていない』と言い、国税庁長官になって記者会見を一度もせず逃げ回っていて、ひどいなと思っていた。安倍総理大臣も、麻生副総理兼財務大臣も、『適材適所の人事だ』と言い切ったのにはあきれた。判断力がおかしくなっているのではないか」と批判しました。

情報源:「森友」 小泉元総理「判断力がおかしい」 | NHKニュース


「森友」 財務省 以前から不都合な文書削除か
「森友」 財務省 以前から不都合な文書削除か

「森友学園」に関する決裁文書の書き換え問題で、財務省が12日、国会に報告したもののほかにも決裁文書に添付していたメモが削除されていたことが新たにわかりました。このメモの削除は、これまで明らかになっている書き換えより前の時期に行われたとみられ、開示すれば不都合になると考えた文書の改ざんや削除が以前から行われていた疑いが出てきました。

財務省は、12日、14件の決裁文書に書き換えがあったことを認め、国会に報告しました。

しかし、その後、このうち1件の文書にもともと添付されていた1枚紙のメモが、3年前の平成27年6月に原本から削除されていたことが、新たにわかったということで、財務省は13日夕方、参議院予算委員会の理事などに説明しました。

このメモには近畿財務局が国有地を貸し付ける契約について財務省本省と相談していることがわかる内容が書かれていて、森友学園の籠池前理事長が近畿財務局に決裁文書の開示を求めて情報公開請求を行った際に削られた可能性があるということです。

一部の理事に行った説明によりますと、籠池前理事長が本省に直接掛け合うことを心配した近畿財務局の判断で削除したとみられるということです。財務省本省は関わっていないということです。

財務省はこれまで決裁文書の書き換えについて、本省理財局の指示で去年2月下旬から4月にかけて行われたとしています。しかし、新たに明らかになったメモの削除は、それより前に近畿財務局が独自の判断で行っていたことになります。

開示すれば不都合になると考えた公文書を意図的に削除するなどの書き換え・改ざん行為が以前から行われていた疑いが浮かび上がったことで、今後、問題がさらに深刻化することが予想されます。

情報源:「森友」 財務省 以前から不都合な文書削除か | NHKニュース


「森友」文書書き換え指示か 理財局職員からのメールが存在
「森友」文書書き換え指示か 理財局職員からのメールが存在

「森友学園」への国有地売却に関する財務省の決裁文書が書き換えられた問題で、本省の理財局の職員が文書の書き換えを担当者に指示していたことをうかがわせるメールが残されていたことが、関係者への取材でわかりました。検察当局は文書が書き換えられた詳しい経緯について調べを進めているとみられます。

財務省は12日、森友学園への国有地売却の問題が国会で取り上げられた去年2月以降、当時、理財局長だった佐川前国税庁長官の答弁と整合性をとる形で14件の決裁文書に書き換えがあったことを認め、国会に報告しました。

大阪地検特捜部は、国有地の売却問題で財務省側から任意で資料の提出を受けるなどして捜査を進めていますが、財務省理財局の職員が文書の書き換えを担当者に指示していたことをうかがわせるメールが残されていたことが、関係者への取材でわかりました。

麻生副総理兼財務大臣も12日、文書の書き換えは本省の理財局からの指示で行われたことを明らかにしていて、指示をうかがわせるメールは検察当局も確認しているということです。

検察当局は書き換えの詳しい経緯について調べを進めているとみられ、今後、佐川氏からも任意で事情を聴くものとみられます。

情報源:「森友」文書書き換え指示か 理財局職員からのメールが存在 | NHKニュース


はぁ・・・


「首相「書き換え前の文書を見ても私も妻も関与なしは明確」」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。