車いすの宇宙物理学者 ホーキング博士が死去 BBCなど伝える

訃報:車いすの天才物理学者、ホーキング博士死去 76歳

76歳、車いすと言う事を考えると長生きだったな。

© East News/ Photoshot/REPORTER
© East News/ Photoshot/REPORTER
英国の理論物理学者スティーヴン・ホーキング博士は76歳で死去。英BBCが伝えた。

情報源:スティーヴン・ホーキング博士が死去 – Sputnik 日本


【ロンドン時事】「車いすの天才宇宙物理学者」として知られる英国のスティーブン・ホーキング博士が中部ケンブリッジの自宅で死去した。

76歳だった。英メディアによると、家族の関係者が14日、明らかにした。

ホーキング博士は、量子力学や一般相対性理論などを駆使して、1960年代後半にブラックホールの存在を示したほか、83年には宇宙の始まりを解明する「無境界境界条件」論を展開するなど、新しい宇宙理論を提唱。現代宇宙論の進展に大きく貢献した。

同博士は42年、中部オックスフォードで生まれた。オックスフォード大、ケンブリッジ大大学院を修了、カリフォルニア工科大教授を経て、77年ケンブリッジ大キース・カレッジ教授、79年には、かつてニュートンが就いていた権威ある同大のルーカス記念講座教授職を務めた。

大学院生時代に筋肉が衰える難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発病したが、学究生活を続け、74年、最年少の32歳で英国学士院会員に選ばれたほか、アインシュタイン賞、ハーバード大名誉科学博士など多くの賞や学位を獲得した。

情報源:「車いすの天才学者」ホーキング博士死去=76歳、ブラックホールなどで新宇宙論 (時事通信) – Yahoo!ニュース

情報源:「車いすの天才学者」ホーキング博士死去=76歳、ブラックホールなどで新宇宙論:時事ドットコム


スティーブン・ホーキング博士(2015年12月)=ロイター
スティーブン・ホーキング博士(2015年12月)=ロイター

【ワシントン=川合智之】複数の米欧メディアは14日「車いすの天才科学者」として知られる英ケンブリッジ大の宇宙物理学者、スティーブン・ホーキング博士が死去したと報じた。76歳だった。同氏はALS(筋萎縮性側索硬化症)患者として知られ、宇宙論の入門書「ホーキング、宇宙を語る」が世界的なベストセラーになった。

同氏の家族が声明で明らかにした。同氏は宇宙創成やブラックホールのなぞなどを追究。最近では急速に発展する人工知能(AI)の危険性も指摘していた。

情報源:ホーキング博士が死去 宇宙論、車いすの天才科学者 (写真=ロイター):日本経済新聞


スティーブン・ホーキング博士(2016年10月19日撮影)。(c) AFP PHOTO / NIKLAS HALLE'N
スティーブン・ホーキング博士(2016年10月19日撮影)。(c) AFP PHOTO / NIKLAS HALLE’N

【3月14日 AFP】英国の著名な宇宙物理学者、スティーブン・ホーキング(Stephen Hawking)博士(76)が死去した。ホーキング氏の家族が14日、明らかにした。(c)AFP

情報源:スティーブン・ホーキング博士が死去、76歳 英宇宙物理学者 (AFP=時事) – Yahoo!ニュース

情報源:スティーブン・ホーキング博士が死去、76歳 英宇宙物理学者 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News


車いすの宇宙物理学者 ホーキング博士が死去 BBCなど伝える
車いすの宇宙物理学者 ホーキング博士が死去 BBCなど伝える

体の筋肉が徐々に動かなくなる難病になりながら、宇宙の起源やブラックホールなどの研究を続けたイギリスのスティーブン・ホーキング博士が14日亡くなりました。76歳でした。

スティーブン・ホーキング博士は1942年にイギリスで生まれ、オックスフォード大学やケンブリッジ大学で数学や宇宙物理学を学びました。

ホーキング博士は21歳のときにALS=筋萎縮性側索硬化症と診断され、全身の筋肉が徐々に動かなくなる中、20代後半からケンブリッジ大学で教べんをとり、ブラックホールに関する理論など数々の論文を発表し、若くして教授にもなりました。

その後、1985年に気管を切開する手術を受けて以降は会話ができなくなりましたが、コンピューターを介して意思を伝えるなどして研究を続けてきました。

ホーキング博士は、理解するのが極めて難しい宇宙物理学の理論や最新の研究についてわかりやすく説明する著作でも知られ、1988年に出版された「ホーキング、宇宙を語る」は日本を始め世界各国でベストセラーとなりました。

さらに、2012年のロンドンパラリンピックでスピーチして障害者の可能性を訴えるなど、社会活動に精力的なことでも知られていました。また2014年にはホーキング博士と家族の半生を描いた映画「博士と彼女のセオリー」が公開され、大きな話題を呼びました。

ホーキング博士は宇宙や生命の起源について研究を続け、世界をリードする知性の一人として生涯にわたって注目されてきました。

所属するケンブリッジ大学などによりますと、ホーキング博士は14日、イギリス東部ケンブリッジの自宅で亡くなったということです。


イギリスの公共放送、BBCなどによりますと、ブラックホールの研究を続け、車いすに乗った宇宙物理学者として国際的に知られるイギリスのホーキング博士が14日、亡くなりました。76歳でした。

ホーキング博士は、オックスフォード大学の大学院で物理学と宇宙論を専攻していた時に全身の筋肉が徐々に動かなくなる難病にかかり車いすでの生活を余儀なくされた一方で、宇宙物理学者として、1979年からはケンブリッジ大学で教べんをとってきました。

1988年に出版された「ホーキング、宇宙を語る」は、宇宙の起源やブラックホールについて、難解な専門用語を可能な限り使わずに説明し、世界中でベストセラーとなり、研究者として、国際的に知られてきました。

情報源:車いすの宇宙物理学者 ホーキング博士が死去 BBCなど伝える | NHKニュース


難病を抱えた「車いすの天才物理学者」として知られ、独創的な宇宙論を発表しつづけた英国のスティーブン・ホーキング博士が死去した。76歳だった。英主要メディアが親族の話として14日報じた。

ホーキング氏は英オックスフォード生まれ。ケンブリッジ大大学院在学中に筋萎縮性側索硬化症と診断され、車いす生活となった。その後も活発な研究活動を続け、79年からケンブリッジ大で教授を務めている。「ブラックホール蒸発理論」や宇宙創成に関する独創的な理論などの業績で知られる。【ロンドン矢野純一】

情報源:<訃報>車いすの天才物理学者、ホーキング博士死去 76歳 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

情報源:訃報:車いすの天才物理学者、ホーキング博士死去 76歳 – 毎日新聞


英物理学者のスティーブン・ホーキング博士が死亡した。家族のスポークスマンが14日、明らかにした。76歳だった。

ブラックホールや相対性理論に関する画期的な研究で知られ、「ホーキング、宇宙を語る(A Brief History of Time)」など、一般読者向けの科学書はベストセラーとなった。

子供のルーシーさん、ロバートさん、ティムさんは共同で文書を出し、「愛する父が本日亡くなり、深い悲しみに沈んでいます」と述べた。

「偉大な科学者で、傑出した人物でした。その仕事と功績は、何年も忘れられないでしょう」

(英語記事 Physicist Stephen Hawking dies aged 76)

情報源:スティーブン・ホーキング氏が死去、76歳 (BBC News) – Yahoo!ニュース

情報源:スティーブン・ホーキング氏が死去、76歳 – BBCニュース


お悔やみ申し上げます。