トランプ米大統領、ティラーソン国務長官の解任表明

はぁ・・・


アメリカのトランプ大統領は、ティラーソン国務長官を解任し、後任にCIAのポンペイオ長官を指名すると明らかにしました。

これは、トランプ大統領が日本時間の13日午後9時45分ごろ、みずからのツイッターで明らかにしたものです。

ティラーソン国務長官をめぐっては、トランプ大統領との間で、北朝鮮の核・ミサイル開発や前のオバマ政権が結んだイランとの核合意への対応など、重要な外交政策をめぐる意見の食い違いが指摘されていました。

一方、CIAのポンペイオ長官は、トランプ大統領に国際情勢に関する報告を毎日のように行い、厚い信頼を得ていると言われています。

トランプ大統領はさきほどホワイトハウスの報道官を通じて声明を発表し、「ポンペイオ長官はこの重要な時期に国務長官にふさわしい人物だと確信している。彼は、世界でアメリカの立場を復活させ、同盟関係を強化し、われわれの敵に立ち向かい、朝鮮半島の非核化を求めていくというアメリカの取り組みを続けていく」としています。

国務長官の継承順位は4番目 閣僚で最高

国務長官は、アメリカの外交をつかさどるだけでなく、大統領が死去や辞任などで、突如、不在となった場合、大統領の職務を継承する可能性もある最重要閣僚の1人です。

大統領のポストが空席になった場合、継承順位がもっとも高いのが副大統領で、次いで上下両院の議長、その次が国務長官となっていて、国務長官の継承順位は4番目で、閣僚のなかでは最も高くなっています。

後任のCIAポンペイオ長官

マイク・ポンペイオ氏は54歳。

トランプ政権で、CIA=中央情報局長官を務め、核・ミサイル開発を進める北朝鮮の情報収集などにあたってきました。

陸軍に所属したあと、CIA長官就任まで与党・共和党の下院議員を務めました。前のオバマ政権がイランと結んだ核合意を強く非難し、対イラン強硬派として知られています。

アメリカメディアは、ポンペイオ氏がティラーソン国務長官の後任に浮上したのは、CIA長官として毎日のようにトランプ大統領に国際情勢に関する報告を行い、それを通じて厚い信頼を得たからだと伝えています。

専門家のあいだでは、ポンペイオ氏の指名が承認されれば、トランプ大統領と外交政策をめぐり意見の違いがあったティラーソン長官と比べて政権内の一体化が進む一方、対イラン政策などでの強硬な外交姿勢がより鮮明になるとの見方が出ています。

大統領を「ばかだ」と批判したとの報道も

ティラーソン氏は、大手エネルギー企業、エクソンモービルのCEOを退任して、トランプ政権の国務長官に就任しました。

ティラーソン氏は、外交と行政経験がいずれもありませんでしたが、それでも起用されたのは、過去の政権で要職を担った、共和党の外交安全保障政策の重鎮による推薦がありました。

ティラーソン氏が、世界的企業のトップとして培った国際感覚、さらには、ロシアのようなアメリカと対立する国で厳しい交渉をまとめた手腕が、国務長官としてふさわしいとの意見がありました。

しかし、就任以降、外交政策をめぐり、ティラーソン氏とトランプ大統領の間では、意見の違いが目立つようになりました。ティラーソン氏は、トランプ大統領が選挙で訴えてきたパリ協定からの脱退やイランとの核合意の破棄、そして、エルサレムへのアメリカ大使館の移転に反対し、トランプ大統領は、ティラーソン氏を既存の秩序を重んじる「エスタブリッシュメント」とみなし、いらだちを強めていったと伝えられています。

ティラーソン氏もトランプ大統領の言動に不満を募らせ、大統領のことを「ばかだ」と批判したとの報道も飛び出しました。

さらに、北朝鮮の核・ミサイル開発への対応をめぐっても、トランプ大統領とティラーソン氏が一枚岩ではないことを象徴するような出来事がありました。

去年9月、ティラーソン氏は、北朝鮮の対話の意思を探るために接触していることを明らかにしましたが、直後に、トランプ大統領がツイッターで「時間のむだだ」と否定。去年12月には、ティラーソン氏が、講演で、突如、北朝鮮と前提条件なしに対話に入ることも可能だとの考えを示し、政策転換との受け止めが出て、ホワイトハウスが北朝鮮政策は不変だと火消しに追われました。

歴代政権の中でも、大統領と国務長官の溝が何度もあらわになったのは異例です。

去年11月以降、ホワイトハウスがティラーソン氏の更迭を検討しているという報道が相次ぎ、ティラーソン氏が政権を去るのは不可避との見方が広がっていました。

情報源:トランプ大統領 ティラーソン国務長官を解任 | NHKニュース


トランプ大統領がティラーソン国務長官を解任、米朝首脳会談に向け方針にズレも?
トランプ大統領がティラーソン国務長官を解任、米朝首脳会談に向け方針にズレも?

13日、トランプ大統領が国務長官を解任したことがわかった。トランプ大統領はTwitterでティラーソン国務長官の解任を発表、現CIA(中央情報局)長官のマイク・ポンペオ氏が次期国務長官に就任するとしている。

このニュースを受けて、嘉悦大学教授の高橋洋一氏がコメント。「米朝首脳会談の場所と時間の調整をティラーソン氏がやらないといけないが、恐らくそのペースが遅いのではないか。あと、ティラーソン氏は元々対話中心よりで、トランプ大統領は圧力をかけないと米朝首脳会談はうまくできないと思っているのかもしれない。場所を決めないと本当に大変」と見解を述べた。

(AbemaTV/『AbemaPrime』より)

情報源:トランプ大統領がティラーソン国務長官を解任、米朝首脳会談に向け方針にズレも? (AbemaTIMES) – Yahoo!ニュース

情報源:トランプ大統領がティラーソン国務長官を解任、米朝首脳会談に向け方針にズレも? | AbemaTIMES


トランプ米大統領は13日、自身のツイッターでティラーソン国務長官を解任し、後任にマイク・ポンペオ中央情報局(CIA)長官を充てることを表明した。ポンペオ氏について「彼はすばらしい仕事をするだろう」と記した。

ティラーソン氏はトランプ氏が大統領選に勝利した後、2016年12月に国務長官に指名された。北朝鮮との対話路線を進めようとし、昨秋にはトランプ氏から「時間の無駄だ」と指弾されていた。トランプ氏が米朝首脳会談を承諾した時には、アフリカを歴訪中だった。

トランプ氏は13日のツイートで「ティラーソンのこれまでの貢献に感謝する!」とつぶやいた。

またCIA長官の後任には、ジナ・ハスペル氏を充てるとし「初の女性長官だ」とした。

 

ティラーソン氏=昨年12月、ワシントン、ランハム裕子撮影
ティラーソン氏=昨年12月、ワシントン、ランハム裕子撮影
ティラーソン氏(左)と、新たに国務長官に就任するポンペオ氏=AFP時事
ティラーソン氏(左)と、新たに国務長官に就任するポンペオ氏=AFP時事

情報源:トランプ米大統領、ティラーソン国務長官の解任表明 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

情報源:トランプ米大統領、ティラーソン国務長官の解任表明:朝日新聞デジタル



ふむ・・・