”日本の車市場には非関税障壁” トランプ大統領「経済報告」

”日本の車市場には非関税障壁” トランプ大統領「経済報告」・経団連会長「日本の車市場はオープン」米大統領に反論

車の維持にかかる費用が障壁と言えなくもないが・・・


アメリカのトランプ大統領は議会に提出する「経済報告」で、日本の自動車市場には非関税障壁が存在するとして自国の自動車メーカーの参入が妨げられていると指摘し、改めて強い懸念を示しました。

トランプ大統領は21日、「経済報告」を公表し、通商政策をめぐっては、世界の貿易は市場の機能をゆがめる、中国のような国の影響によって、緊張が高まっていると批判しました。

また、日本との貿易についても言及し、「さまざまな非関税障壁によって日本の自動車市場への参入が妨げられていて、アメリカ製の自動車や自動車部品の売り上げは低迷したままだ」と指摘して、改めて強い懸念を示しました。

トランプ政権は、去年3月に取りまとめた「貿易障壁報告書」でも、日本に自動車分野の市場開放を求め、日本独自の安全基準などが参入を妨げる障壁になっていると訴えています。

ただ、日本としては、海外から輸入される車の関税をすでに撤廃しているうえ安全基準などは国際的な基準にのっとっていて、貿易の障壁にはなっていないと反論しています。

トランプ大統領は、ことし11月に議会の中間選挙を控え、中国を中心に貿易の不均衡の是正を求める姿勢を強めていて、各国はアメリカの通商政策の行方を注視しています。

情報源:”日本の車市場には非関税障壁” トランプ大統領「経済報告」 | NHKニュース


経団連会長「日本の車市場はオープン」米大統領に反論 |
経団連会長「日本の車市場はオープン」米大統領に反論 |

アメリカのトランプ大統領が、日本の自動車市場ではアメリカメーカーの参入が妨げられていると懸念を示したことについて、経団連の榊原会長は「アメリカの車が売れていないのは消費者の選択だ。日本は車の関税がゼロで最もオープンな国だ」と述べ、強く反論しました。

アメリカのトランプ大統領は、21日、議会に提出する「経済報告」を公表し、日本の自動車市場ではアメリカメーカーの参入が妨げられていると強い懸念を示しました。

これについて、経団連の榊原会長は22日、名古屋市で行った記者会見で、「欧州の車が売れて、アメリカの車が売れていないという実態があるが、それは消費者の選択だ。100メートル競争で負けた人がルールがけしからんというのは全く通らない話だ」と述べました。

そのうえで、「日本は乗用車やトラックの関税がゼロであり、関税障壁が全くない最もオープンな国だ。そういう実態をよく理解していただきたい。政府と経済界でPRをしていく必要がある」と述べ、強く反論しました。

また、榊原会長はことしの春闘に関連して「3%の賃上げという社会的要請を意識した前向きな検討を各社にお願いしている。東海地方は経済も好調で、トヨタも含め、自動車関係企業の数値は相場を形成する材料になるので、こうした方針に沿った回答を期待したい」と述べました。

情報源:経団連会長「日本の車市場はオープン」米大統領に反論 | NHKニュース


安倍晋三首相は10日にワシントンでドナルド・トランプ米大統領との会談に臨む。トランプ大統領は、日本が「米国車を売れないようにしている」と批判しており、会談では自動車貿易も重要議題となる見通しだ。

日本で「米国車が売れない」のには理由があるのか。BBCのルーパート・ウィングフィールド=ヘイズ記者が取材した。

情報源:日本人運転手はなぜ米国車を買わない 首脳会談で変わるのか – BBCニュース


ガソリン税、自動車重量税、定期的な車検代金、万一の故障時の修理費用(技術費・パーツ代)、大型車の通行が難しい細い道路・・・、駐車場の費用も馬鹿にならんしな。