平昌五輪「選手村のベッドが硬い」 小平のスポンサー企業が神対応、ネットの憶測も一蹴 (1/2ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ)

へぇ・・・


金メダル大本命として臨んだレースで勝ちきった小平。日の丸を手に声援に応えた(撮影・松永渉平)
金メダル大本命として臨んだレースで勝ちきった小平。日の丸を手に声援に応えた(撮影・松永渉平)

「選手村のベッドが硬い」。平昌五輪も中盤に入った2月16日、共同通信が報じたニュースが、ネット掲示板『5ちゃんねる』である憶測を呼んだ。

記事によると、先乗りしたJOC(日本オリンピック委員会)のスタッフから「選手村のベッドが硬い」という注意喚起が選手団に寄せられていたという。これを受け、2020年東京五輪に協賛する寝具メーカーのエアウィーヴ(東京都中央区)は、体重や体形に合わせたマットレス約200人分などを提供。同社とスポンサー契約を結ぶスピードスケート女子500mの金メダリスト・小平奈緒は、腰痛予防も兼ねて、部屋備え付けの硬いマットレスの上に2枚敷くなど、選手の体調管理に一役買ったようだ。

これに対し、ネット掲示板『5ちゃんねる』がざわめいた。今回の五輪では、極寒・強風などの過酷な競技環境や、近隣ホテルのぼったくり料金騒動などの問題が報じられ、嫌韓感情を持つ人には「叩きがいがある」五輪となっていたのだ。この報道について、5ちゃんねるでは次のような意見が書き込まれた。

「全部、日本チームへの嫌がらせだからな 事前に調査して、対策を取ったのは良い対応」

「日本のにはベニヤ板仕込んどいた」

「朝鮮人の日本人に対する嫌がらせだろうなあ」

「選手村のベッドが(日本チームのだけ)硬い」

言いがかりのようだが、韓国の五輪組織委が日本に対して嫌がらせをしていると捉える人がいたのだ。この反応に対し、エアウィーヴの現地対応スタッフ・宮島佑依氏はこう説明する。

「選手村はすべて同じベッドなので、ネットの“日本選手団に対して嫌がらせをした”ということはありません。アスリートは微妙な違いであっても違和感を覚えますので、私達はこうした追加対応を取りました。元々JOCの先行隊が現地入りした時、選手村のベッドの硬さに気付き、後発隊に向け当社のマットレスを活用するように、というお触れを出しました」

現地を訪れて五輪観戦をした30代の日本人女性も「私達が泊まった普通のクラスのホテルもベッドが硬かったです。韓国の方は硬いベッドの方が好きなのかもしれませんね」と語った。実際同社はスイスのアイスホッケー代表チームからもマットレスの提供依頼を受けていた。「韓国による日本代表への嫌がらせ」というネットの書き込みは的外れと言えるだろう。

そんな憶測などつゆ知らず、見事な走りを見せた小平。選手本人の努力に加え、彼らをサポートするコーチやスポンサー。こうした人々が真剣に取り組んだ結果が小平の金メダルだ。「下衆の勘繰り」はスポーツにおいてあまり持ち込まない方が、スポーツの見方としては成熟した態度だろう。

情報源:平昌五輪「選手村のベッドが硬い」 小平のスポンサー企業が神対応、ネットの憶測も一蹴 (1/2ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ)


ほぉ・・・