シジミ漁の湖に米軍機がタンク投下

シジミ漁の湖に米軍機がタンク投下(FNN)

損害賠償請求しろよ。


青森県のアメリカ空軍三沢基地に所属するF-16戦闘機が、離陸直後にエンジン火災を起こし、基地近くの湖の上で燃料タンクを切り離して、緊急着陸した。

防衛省によると、事故を起こしたアメリカ空軍のF-16戦闘機は、20日午前8時40分ごろに、三沢基地から離陸した。

しかし、直後にエンジンから火が出たため、主翼の下に2つ付いている追加の燃料タンクを、近くにある小川原湖の上空で切り離して基地に戻り、緊急着陸した。

当時、湖では、5隻ほどの船がシジミ漁を行っていた。
事故を目撃した漁師は、「爆音と同時に水しぶきが上がった。15メートルはあったと思う」、「シジミ漁にワカサギ漁、シラウオ漁、大変ですね、この油じゃ」などと語った。

この事故による人への被害は確認されていないが、小野寺防衛相は、事故原因の報告や再発防止の対策をアメリカ側に申し入れる考えを示した。

情報源:シジミ漁の湖に米軍機がタンク投下(フジテレビ系(FNN)) – Yahoo!ニュース

情報源:シジミ漁の湖に米軍機がタンク投下(FNN)


経済的損失は何億円の試算だ?