羽生竜王の望み砕いた「焦点の歩」 藤井、2度の妙手:朝日新聞デジタル

ふむ・・・


藤井聡太五段(左)と対局する羽生善治竜王=17日午前、東京都千代田区、柴田悠貴撮影
藤井聡太五段(左)と対局する羽生善治竜王=17日午前、東京都千代田区、柴田悠貴撮影

中学生棋士の藤井聡太五段(15)が第11回朝日杯将棋オープン戦で優勝し、史上最年少の全棋士参加棋戦制覇・六段昇段を果たした。準決勝の羽生善治竜王(47)戦では、絶妙なタイミングで放った2度の「焦点の歩」で勝利をたぐり寄せた。

羽生×藤井戦のポイント
羽生×藤井戦のポイント

17日、東京・有楽町であった準決勝・決勝には、公開対局とあって、世紀の一戦を生で見ようと約600人のファンが詰めかけた。100人以上の報道陣が待ち構える中、2人が壇上に上がり、午前10時30分に対局開始。相居飛車の戦いとなった。

羽生×藤井戦ポイント
羽生×藤井戦ポイント

中盤、1筋からの攻めで先にポイントを挙げたのは藤井五段だったが、羽生竜王も反撃に出て攻め合いに突入した。

羽生×藤井戦ポイント
羽生×藤井戦ポイント

情報源:(文化の扉)特別編 2度の好手、絶妙 「焦点の歩」、羽生竜王の望み打ち砕く (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

情報源:羽生竜王の望み砕いた「焦点の歩」 藤井、2度の妙手:朝日新聞デジタル


朝日新聞デジタルの有料会員は動画の視聴が出来ます。