藤井新六段、勝負決めた絶妙手 広瀬八段「見落とした」:朝日新聞デジタル

ふむ・・・


プロになって1年半に満たない将棋の藤井聡太(そうた)新六段(15)。並み居る一流棋士を次々と破って17日、史上最年少優勝を果たした。

藤井六段 デビュー後の軌跡
藤井六段 デビュー後の軌跡

割れんばかりの祝福の拍手が鳴り響いた。午後4時28分。藤井新六段の117手目▲3七金を見て、広瀬章人(あきひと)八段(31)が投了。この瞬間、史上最年少での一般棋戦優勝の達成と同時に、史上最年少の新六段が誕生した。観戦していた子どもが「藤井君、六段になっちゃった」と喜んだ。会場で見守った師匠の杉本昌隆七段(49)も「素晴らしい日になりました」と笑顔だ。

この日の対局は公開され、解説会と合わせて約800人が訪れた。報道陣も100人を超えた。

午後2時30分に始まった決勝戦は、両者得意の「角換(かくが)わり相腰掛(あいこしか)け銀」という戦型に。藤井新六段の「攻め」対広瀬八段の「受け」とハッキリ分かれたが、検討した棋士たちは「攻めを続けるのも、受けきるのも、それぞれ難しい」と漏らす。両者、40分の持ち時間を使い切った。会場は静まりかえり、記録係の秒読みの声しか聞こえない。

情報源:藤井新六段、勝負決めた絶妙手 広瀬八段「見落とした」:朝日新聞デジタル


朝日新聞デジタルの有料会員は動画の視聴が出来ます。