国立公園内にスマトラゾウの死骸 象牙目当てに射殺か インドネシア 国際ニュース:AFPBB News

マジかよ・・・


インドネシアの国立公園内で見つかったスマトラゾウの死骸。銃弾によるものとみられる複数の傷がある。インドネシア環境・林業省提供(2018年2月14日撮影)。(c)AFP PHOTO / Indonesian Ministry of Environment and Forestry
インドネシアの国立公園内で見つかったスマトラゾウの死骸。銃弾によるものとみられる複数の傷がある。インドネシア環境・林業省提供(2018年2月14日撮影)。(c)AFP PHOTO / Indonesian Ministry of Environment and Forestry

【2月15日 AFP】インドネシアの国立公園内で12日、絶滅の危機に瀕するスマトラゾウ1頭の死骸が見つかった。体には銃弾によるものとみられる複数の傷があった。当局が14日、明らかにした。

死骸が見つかったのはスマトラ(Sumatra)島のウェイカンバス国立公園(Way Kambas National Park)。体の右側には銃傷のような穴が5つ空いていた。少なくとも2日前には殺されたとみられている。

環境・林業省の報道官は「象牙がなくなっており、密猟者に持ち去られたようだ。象牙目当てに射殺されたとみているが、さらに調査を行う必要がある」としている。

スマトラゾウはアジアゾウの亜種で野生のものは2000頭ほどに過ぎないとされる。ウェイカンバス国立公園にはスマトラゾウのほか、スマトラトラ、スマトラサイ、マレーバクなど、絶滅の危機にあるほかの動物も生息している。(c)AFP

情報源:国立公園内にスマトラゾウの死骸 象牙目当てに射殺か インドネシア 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News


ひでぇ・・・