250世帯が同じ住所で混乱 新住居表示作成へ 岐阜 | NHKニュース

250世帯が同じ住所で混乱 新住居表示作成へ 岐阜 | NHKニュース

ほぉ・・・


岐阜市の所有する土地に住むおよそ250世帯が、戦後の混乱期以降およそ70年にわたって全く同じ住所になっていて、郵便物を配達する際などに混乱が生じているため、市は来年2月に世帯ごとに新たに住居表示を割りふることになりました。

岐阜市の鷺山地区では、およそ250世帯の住所が、登記簿の地番と同じ「1769番地2」になっています。

市によりますと、この土地は昭和25年ごろに市が取得して戦後の復興住宅を建てた場所で、建設や入居を急いだために地番を住所として使っていたということです。

しかし、郵便物や宅配便が別の家に届けられたり、消防車や救急車などを呼ぶ際に場所を伝えにくかったりして、住民生活に混乱も生じていたということです。

15日に開かれた市の審議会で、この土地の登記を変更せずに、来年2月から世帯ごとに新たに住居表示を割りふることになり、住所が同一の状態は解消に向かうことになりました。

鷺山地区では、隣接する土地のほかの50世帯でも同じ住所が使われていて、同様に新たに住居表示を市が割りふることになりました。

市は運転免許証などの住所変更手続きを地区の公民館で一斉に行うなど、住所変更に伴う住民の負担を軽減していきたいとしています。

地区の自治会長を務める磯貝茂樹さんは「慣れ親しんだ住所が変わるのは寂しいが、郵便物や救急車などの問題があったので、解決に向かってよかった」と話していました。

情報源:250世帯が同じ住所で混乱 新住居表示作成へ 岐阜 | NHKニュース


マジかよ。