ノルディック複合個人ノーマルヒル 渡部暁斗が銀メダル

ノルディック複合個人ノーマルヒル 渡部暁斗が銀メダル

おめでとうございます。


ピョンチャンオリンピックのスキー、ノルディック複合の個人ノーマルヒルが行われ、日本のエース、渡部暁斗選手が銀メダルを獲得しました。渡部選手は前回ソチ大会のこの種目で銀メダルを獲得し、これで2大会連続の銀メダル獲得となりました。

ノルディック複合の個人ノーマルヒルは、前半のジャンプと後半の10キロのクロスカントリーで争います。

今シーズン、ワールドカップで5勝をあげて絶好調の渡部選手は、前半のジャンプで3位につけ、後半のクロスカントリーをトップと28秒差でスタートしました。

クロスカントリーは1周2.5キロのコースを4周します。渡部選手は、2周目に入って前を行く2人に追いつき、後続の選手も加わり先頭集団を作りました。

その後、レースは渡部選手を含む4人がレースを引っ張る展開となり、ラスト1周に入って、渡部選手が上り坂で3位にあがりました。

残り1キロを切って渡部選手は2位にあがりましたが、最後は先頭を行くドイツの選手に引き離され、24分56秒2の2位でフィニッシュしました。

渡部選手は前回のソチ大会に続き、2大会連続で銀メダル獲得です。

このほかの日本勢は、渡部選手の弟の善斗選手が12位、永井秀昭選手が14位、山元豪選手が33位でした。

金メダルはドイツのエリック・フレンツェル選手で、この種目でオリンピック2連覇を達成し、銅メダルはオーストリアのルカス・クラプファー選手でした。

渡部 トップクラスの実力

ノルディック複合個人ノーマルヒル 渡部暁斗が銀メダル
ノルディック複合個人ノーマルヒル 渡部暁斗が銀メダル

渡部暁斗選手は長野県出身の29歳。オリンピック出場は4大会連続4回目で、前回のソチ大会では個人ノーマルヒルで銀メダルを獲得した日本のエースです。

ジャンプとクロスカントリーのどちらもトップクラスの実力があり、大きな弱点がないのが強みで、特にジャンプでは圧倒的な飛距離を生み出す力があります。

今シーズンのワールドカップでは、オリンピック前の4連勝を含む自己最多の5勝をあげるなど好調を持続し、個人総合ランキングのトップに立ってオリンピックを迎えていました。

また、今回のオリンピックには同じノルディック複合で弟の善斗選手が、女子ハーフパイプには妻の由梨恵選手がそれぞれ出場しています。

渡部暁斗「あとちょっと届かなかった」

渡部暁斗選手は、「メダルをとれてほっとしているのが半分と、あとちょっと自分が目指していたところに届かなかった悔しさが半分だ」と振り返りました。

また、「かなり風が強くて誰も前に出たがらない中で、金メダルを取ったドイツのフレンツェル選手と交互に前に出て引っ張り、様子を見ながら体力を残していた。最後の上り坂でフレンツェル選手がスパートをかけることはわかっていたので、僕も行く気ではいたが、完敗かなと思います」と話しました。

そのうえで、この後の個人ラージヒルと団体に向けては、「ピョンチャンオリンピックで金メダルをとると宣言して今回は来ているので、ラージヒルでも団体でもメダルを取れるよう、ベストを尽くしたい」と意気込みを話しました。

渡部善斗「現状はこのくらい」

12位の渡部善斗選手は、「位置取りを失敗して遅れたのは悔しかったが現状はこのくらいだと思う。前半、トップ集団の速い選手を追いかけられたのは自分の中ではいい走りだった。最後まで続けばよかったがそれは次の課題だと思う」と振り返りました。

また、兄の暁斗選手が銀メダルを獲得したことについては、「金メダルとってもおかしくない調子だった。彼にとっては悔しいと思うがチームの一員がメダルをとれたのはうれしい。おめでとうございますと言いたい」と祝福していました。

永井「次に向けて調整したい」

14位の永井秀昭選手は、「後半は疲れたが、最後まで粘ることができた。シーズンを通してもいい試合だったと思う。ジャンプを洗練させて、次の試合に向けて調整したい」と話しました。

山元「うまく自分の力が出せなかった」

初めてのオリンピックで33位の山元豪選手は、「うまく自分の力が出せず、悔しい。自分が思い描いていたレース展開ができなかった。前半で集団から外れて、風の抵抗をもろに受けて、順位を下げてしまった」と悔しさをにじませました。

そのうえで、「この後のラージヒルは得意なジャンプ台なので、そこでたくさん飛んでリードを作り、後半で粘りのある試合をしたい」と話しました。


ピョンチャンオリンピックのスキー、ノルディック複合の個人ノーマルヒルが行われ、日本のエース、渡部暁斗選手が銀メダルを獲得しました。

ノルディック複合の個人ノーマルヒルは、前半のジャンプと後半の10キロのクロスカントリーで争います。

今シーズン、ワールドカップで5勝をあげて絶好調の渡部選手は、前半のジャンプで3位につけ、後半のクロスカントリーをトップと28秒差でスタートしました。

クロスカントリーは1周2.5キロのコースを4周します。渡部選手は、2周目に入って前を行く2人に追いつき、後続の選手も加わり先頭集団を作りました。

その後、レースは渡部選手を含む4人がレースを引っ張る展開となり、ラスト1周に入って渡部選手が上り坂で3番手にあがりました。

残り1キロを切って渡部選手は2番手にあがりましたが、最後は先頭を行くドイツの選手に引き離され2位でフィニッシュしました。

渡部選手は前回のソチ大会続き、2大会連続で銀メダル獲得です。

情報源:ルディック複合個人ノーマルヒル 渡部暁斗が銀メダル | NHKニュース


渡部暁斗、2大会連続の銀!五輪ノルディック複合
渡部暁斗、2大会連続の銀!五輪ノルディック複合

平昌(ピョンチャン)オリンピック・ノルディックスキー複合個人ノーマルヒルで渡部暁斗が2大会連続で銀メダルを獲得しました。現時点で日本のメダルは5個となりました。

情報源:渡部暁斗、2大会連続の銀!五輪ノルディック複合


複合個人ノーマルヒルの前半飛躍で3位につけた渡部暁斗=アルペンシア・ジャンプセンターで2018年2月14日、宮間俊樹撮影
複合個人ノーマルヒルの前半飛躍で3位につけた渡部暁斗=アルペンシア・ジャンプセンターで2018年2月14日、宮間俊樹撮影

平昌五輪のノルディック複合個人ノーマルヒルは14日、エースで4大会連続出場の渡部暁斗(北野建設)が前半のジャンプで3位に入り、後半の距離(約10キロ)で巻き返し、ソチ五輪に続き2大会連続の銀メダルを獲得した。

渡部暁は前半の飛躍1位のフランツヨゼフ・レーアル(オーストリア)から28秒差で距離をスタート。終盤まで競り合って2位に入った。

優勝はエリック・フレンツェル(ドイツ)だった。

◇ノルディック複合、日本のメダル(NHはノーマルヒル)

1992年 アルベールビル 金:団体(三ケ田礼一、河野孝典、荻原健司)

1994年 リレハンメル 金:団体(阿部雅司、河野孝典、荻原健司) 銀:個人 河野孝典

2014年 ソチ 銀:個人NH 渡部暁斗

2018年 平昌 銀:個人NH 渡部暁斗

情報源:<五輪複合>渡部暁が2大会連続の銀メダル (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

情報源:五輪複合:渡部暁が2大会連続の銀メダル – 毎日新聞


ノルディックスキー複合個人ノーマルヒル、後半距離で力走する渡部暁斗=14日、韓国・平昌
ノルディックスキー複合個人ノーマルヒル、後半距離で力走する渡部暁斗=14日、韓国・平昌

【平昌時事】平昌五輪のノルディックスキー複合は14日、個人ノーマルヒルが行われ、渡部暁斗(北野建設)が銀メダルを獲得した。渡部暁は同種目で銀メダルだったソチ五輪に続く2大会連続の表彰台。
渡部暁は前半飛躍(HS109メートル、K点98メートル)で3位につけ、後半距離(10キロ)で表彰台を確保した。 (2018/02/14-18:34)

情報源:渡部暁、2大会連続の銀〔五輪・ノルディック複合〕 (時事通信) – Yahoo!ニュース

情報源:渡部暁、2大会連続の銀〔五輪・ノルディック複合〕:時事ドットコム


個人ノーマルヒル、後半距離を2位でゴールする渡部暁斗=アルペンシア距離センター(撮影・早坂洋祐)
個人ノーマルヒル、後半距離を2位でゴールする渡部暁斗=アルペンシア距離センター(撮影・早坂洋祐)

平昌五輪第6日(14日、アルペンシア・ジャンプセンター-アルペンシア距離センター)ノルディックスキー複合個人ノーマルヒルで、ソチ五輪銀メダルの渡部暁斗(29)=北野建設=が2大会連続の銀メダル。前半飛躍(ヒルサイズ=HS109メートル)で105・5メートルの123・7点で3位につけると、首位のフランツヨゼフ・レーアル(24)=オーストリア=から28秒差でスタートした後半距離(10キロ)で2位に浮上した。エリック・フレンツェル(29)=ドイツが2大会連続で金メダルを獲得した。

渡部暁は前半のジャンプでぴったりのタイミングで力強い踏み切り、すぐに飛型を完成させてヒルサイズ近くまで運んだ。テレマーク姿勢は入らなかったものの、飛型点は3人とも18・5点。ワールドカップ(W杯)上位陣が総崩れする中、まずまずのジャンプに、ぽんと手をたたいた。

後半距離では2・5キロ地点で先頭との差を12秒まで縮めると、5キロでは0・6秒差に。7・5キロ付近では4位だったが、残り1・1キロで2位に浮上したが、金メダルにはあと一歩届かなかった。

安定感は世界でも屈指だ。W杯の個人総合は2011~12年シーズンから昨季まで6季連続で3位以内をキープし、前回ソチ五輪は個人ノーマルヒルで銀メダルを獲得、17年世界選手権は個人ラージヒルで2位となった。ただ、主要タイトルは手にしていない。W杯の選手紹介で「シルバーコレクター」と表現されたこともあった。

頂点に立つには殻を破ることが必要だった。五輪シーズンの今季、春先から着手したのが、ジャンプの飛び出しの改善だった。夏前は毎日のようにジャンプ台に通い、試行錯誤を重ねた。

距離では瞬発力が最大の弱点だった。スプリント力の向上で手応えを深めたのが脚の運び方の修正だった。スキーを進めるための一連の動作をこれまでよりコンパクトにして、細かいリズムで素早く動く滑りに変えた。夏場からはスキーが最も滑る重心の位置を探り、ポールの突き方など細かなテクニックにも注意を払って走りを磨いた。

情報源:渡部暁斗、2大会連続の銀メダル シルバーコレクター返上ならず/複合 (サンケイスポーツ) – Yahoo!ニュース

情報源:渡部暁斗、2大会連続の銀メダル ソチ金のフレンツェルに再び屈す/複合 – 平昌冬季五輪2018 – SANSPO.COM(サンスポ)


ほぉ・・・