スケート日本選手が薬物陽性=ショートトラックの斎藤慧

風邪薬とか、一腹盛られたとか、現段階では何とも言えないな・・・


ピョンチャンオリンピック、スケートショートトラックの日本代表選手が大会のドーピング検査で陽性反応を示していたことがわかり、JOC=日本オリンピック委員会が13日、詳細を説明することにしています。

複数の関係者によりますと、ドーピング検査で陽性反応を示したのは、ショートトラック代表の齋藤慧選手です。

齋藤選手は、13日行われる男子5000メートルリレーの控えの立場の選手で、事前のドーピング検査で陽性反応を示したということです。齋藤選手は、ドーピングをしていないと話しているということです。

齋藤選手は、神奈川大学4年の21歳で、世界ジュニア選手権では3000メートルリレーのメンバーとして3位になったことがあり、今回、オリンピック代表に初めて選ばれました。

ドーピングをめぐっては、カヌースプリントの選手がライバル選手の飲み物に禁止薬物を入れた問題を受けてJOCは加盟する競技団体に再発防止を呼びかけていたところでした。JOCは、13日、詳細を説明することにしています。

林文科相「東京五輪控え しっかり対応したい」

林文部科学大臣は閣議のあとの記者会見で、「事実関係やドーピング防止規則違反の有無などは、今後、スポーツ仲裁裁判所において決定される状況だが、文部科学省として関係団体と連携して情報収集に努め、適切に対応したい。われわれとしては、こういうことが起こらないよう、東京オリンピック・パラリンピックを控えているので、しっかり対応したい」と述べました。

情報源:スケート日本代表選手がドーピング検査で陽性反応 | NHKニュース


平昌(ピョンチャン)冬季五輪のスピードスケート・ショートトラック男子の斎藤慧(さいとう・けい)選手(21)=神奈川大=が、ドーピング検査で陽性反応を示していたことが12日、複数の関係者への取材で分かった。日本オリンピック委員会(JOC)が13日に平昌で詳細を公表する。違反となれば、冬季五輪の日本勢では史上初めてのケースとなる。

斎藤選手は2013、14年の世界ジュニア選手権で3000メートルリレーの3位に貢献した有望株。今回は男子の5番手として初の五輪代表入りを果たし、4人が出場するリレーで補欠の立場だった。関係者によると、レース以前の抜き打ち検査で検出されたとみられる。夏の五輪の日本代表では1984年ロサンゼルス大会のバレーボール男子で主力選手から興奮剤が検出された例がある。

1月にはカヌー・スプリントの鈴木康大(すずき・やすひろ)選手がライバル選手の飲み物に禁止薬物を混入した悪質な例も発覚し、スポーツ庁などが競技団体に再発防止を呼び掛けていた。

昨年以降、日本でドーピングを巡る問題が相次いでいる。レスリングの成国大志(なりくに・たいし)選手(青山学院大)は10月の大会で禁止物質が検出されて2年間の資格停止となり、競泳でも9月の大会で陽性反応を示した明治大の川崎駿(かわさき・しゅん)選手(アクラブ調布)が7カ月の資格停止処分を科された。(共同)

情報源:日本選手にドーピング陽性反応 ショートトラック男子 – 2018平昌オリンピック(ピョンチャンオリンピック)- 五輪特集:朝日新聞デジタル


斎藤慧(2017年9月1日撮影)
斎藤慧(2017年9月1日撮影)

平昌冬季五輪(ピョンチャンオリンピック)のスピードスケート・ショートトラック男子の斎藤慧選手(21=神奈川大)が、ドーピング検査で陽性反応を示していたことが12日、複数の関係者への取材で分かった。日本オリンピック委員会(JOC)が13日に平昌で詳細を公表する。違反となれば、冬季五輪の日本勢では史上初めてのケースとなる。

斎藤選手は2013、14年の世界ジュニア選手権で3000メートルリレーの3位に貢献した有望株。今回は男子の5番手として初の五輪代表入りを果たし、4人が出場するリレーで補欠の立場だった。関係者によると、今大会の競技が始まる前の抜き打ち検査で検出されたとみられる。夏の五輪の日本代表では1984年ロサンゼルス大会のバレーボール男子で主力選手から興奮剤が検出された例がある。

1月にはカヌー・スプリントの鈴木康大選手がライバル選手の飲み物に禁止薬物を混入した悪質な例も発覚し、スポーツ庁などが競技団体に再発防止を呼び掛けていた。

昨年以降、日本でドーピングを巡る問題が相次いでいる。レスリングの成国大志選手(青山学院大)は10月の大会で禁止物質が検出されて2年間の資格停止となり、競泳でも9月の大会で陽性反応を示した明治大の川崎駿選手(アクラブ調布)が7カ月の資格停止処分を科された。

情報源:ショートトラック斎藤慧がドーピング陽性反応 – Sトラック : 日刊スポーツ


【平昌・田原和宏、岩壁峻】平昌冬季五輪スピードスケート・ショートトラック男子日本代表の斎藤慧(けい、21)=神奈川大=がドーピング検査で陽性反応を示していたことが12日、複数の関係者の話で明らかになった。違反となれば、冬季五輪の日本勢では史上初めてとなる。日本オリンピック委員会(JOC)が13日に公表する予定。

関係者によると、レースより前に実施された抜き打ち検査で検出されたという。夏季五輪では1984年ロサンゼルス五輪のバレーボール男子の選手から興奮剤が検出された事例がある。

ドーピング違反を巡っては、1月にカヌー・スプリントのトップ選手がライバル選手の飲料に禁止薬物を混入させる事例が発覚。スポーツ庁が競技団体などを集めて再発防止を訴えたばかりだった。

情報源:<五輪スケート>斎藤慧がドーピング陽性反応 Sトラック (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

情報源:五輪スケート:斎藤慧がドーピング陽性反応 Sトラック – 毎日新聞


【平昌・田原和宏】スポーツ仲裁裁判所(CAS)は9日、平昌冬季五輪スピードスケート・ショートトラック男子の斎藤慧(21)=神奈川大=の体内から利尿作用のある禁止物質アセタゾラミドが検出されたと発表した。試合以外に行う抜き打ちの競技外検査で陽性反応を示した。斎藤は暫定の資格停止処分を科され、五輪選手村を離れることを受け入れた。CASは大会後に最終的な裁定を下すとしている。

斎藤は今回が初の五輪代表入りだったが、まだ競技には出場していなかった。

情報源:<平昌五輪>斎藤慧から禁止物質 暫定資格停止処分、離村へ (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

情報源:平昌五輪:斎藤慧から禁止物質 暫定資格停止処分、離村へ – 毎日新聞


【平昌時事】平昌五輪のスピードスケート・ショートトラック男子日本代表の斎藤慧(21)=神奈川大=が、ドーピング検査で陽性反応を示していたことが13日、明らかになった。冬季五輪の日本勢では史上初めてのケースとなる。日本選手団の斎藤泰雄団長らが記者会見に臨んだ。スポーツ仲裁裁判所(CAS)によると、斎藤選手は利尿効果などがある禁止薬物のアセタゾラミドに反応した。

ショートトラックの日本チーム関係者は「本人は故意ではないと言っている」と話した。陽性反応を示した物質は不明。

斎藤は2014年の全日本距離別選手権1000メートルで優勝するなど、10代から期待された有望株。平昌五輪では4人が出場するリレーで補欠の立場だった。

日本では昨年からドーピングをめぐる問題が相次ぎ、レスリングや競泳で資格停止になる選手が出た。今年1月にはカヌーの選手がライバル選手の飲み物に禁止薬物を混入した不祥事も発覚していた。

◇斎藤慧の略歴

斎藤 慧(さいとう・けい)神奈川大。神奈川・光明相模原高出。14年世界ジュニア選手権男子3000メートルリレーで銅メダル。同年の全日本距離別選手権は1000メートルで優勝。平昌五輪では姉仁美(ひとみ)とともに、初めて五輪代表入りした。兄と弟もショートトラックの選手。161センチ、55キロ。21歳。神奈川県出身。

情報源:スケート日本選手が薬物陽性=ショートトラックの斎藤慧〔五輪〕 (時事通信) – Yahoo!ニュース

情報源:スケート日本選手が薬物陽性=ショートトラックの斎藤慧:2018平昌(ピョンチャン)五輪・パラリンピック:時事ドットコム



緑内障やてんかんの薬か・・・