広銀本店が仮店舗で営業|NHK 広島のニュース

ふむ・・・


広銀本店が仮店舗で営業
広銀本店が仮店舗で営業

老朽化を受けて建て替えが予定されている広島銀行の本店が、広島市南区の商業施設が入っていた建物に仮店舗を設け、13日から営業を始めました。

広島市中区の紙屋町にある広島銀行の本店は、老朽化を受けて、その場で建て替えられる予定で、完了までは、2キロほど離れた南区の商業施設が入っていた建物に仮店舗が設けられることになりました。

仮店舗での営業は、13日午前9時に始まり、窓口がオープンすると、行員が声をそろえて「いらっしゃいませ」とあいさつし、お客を出迎えました。

この店舗には、およそ1000人が勤務し、このうち、1階の営業部には以前より広い相談ブースを設けて融資や資産形成の支援などのコンサルティング業務に力を入れるということです。

新たな本店の完成は、3年後の2021年春頃の見込みで、建物は19階建てと、以前の倍以上の規模となり、災害時の帰宅困難者の受け入れスペースも確保するなど、防災拠点の機能も備えた施設になるということです。

広島銀行の妻崎博之常務は、「お客様には、移転でご迷惑をかけるが改めて、この店舗でも地域の発展のために力を尽くしていきたい」と話していました。

情報源:広銀本店が仮店舗で営業|NHK 広島のニュース


既にご案内しております本店ビルの現地建替えに伴い、本店各部についても現在、順次、仮店舗に移転中です。(平成30年2月5日完了予定)

なお、本店営業部の仮店舗営業開始日については平成30年2月13日です。(こちら をご覧ください)

新本店ビル完成までの間、何かとご不便をおかけしますが、ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

【仮店舗 住所】

〒732-0804
広島市南区西蟹屋一丁目1番7号

※代表電話は変更ございません。(082-247-5151)

情報源:『本店』の仮店舗移転について|広島銀行


へぇ・・・