速報:メルカリが自転車シェア「メルチャリ」発表 。個人宅も駐輪場に、福岡で27日開始

へぇ・・・


第一弾で福岡市を選んだ理由は?

メルカリがシェアサイクルサービス「メルチャリ」を2月27日より開始します。第1弾の導入都市は福岡市で、対応アプリはiOS版を先行リリースします。

「メルチャリ」は、個人が大小問わずポート(駐輪場)を提供できるスタイルのシェアサイクルサービスです。専用のスマートフォンアプリから、自転車のレンタルから返却までを簡単に行うことが可能。また、ポートは地域の民間企業に加えて個人宅や店舗の軒先など、個人が大小問わず提供できるため、街に多くのポートを設置し、いつでもどこでも、乗りたいときに自転車を利用できる点を売りにします。

第一弾の展開都市は福岡市で、博多・天神・ウォーターフロントエリアを中心にポートを展開。サービス開始時点のポート数は50で、自転車は400台以上の設置を予定。また、2018年夏頃までにエリア拡大と、2000台程度の自転車の投入を予定します。

福岡を選定した理由については、2017年よりメルカリのサポート拠点があったことに加え、都市機能がコンパクト・かつ地形が平坦で自転車での移動に適した立地であることを挙げています。そのため、福岡市で導入する自転車は非電動となります。

メルチャリの利用料金は4円/1分で、利用にはメルカリIDが必要です。使い方は、スマートフォンアプリの地図に記載されている専用ポートで自転車を借りて、目的地近くのポートで返却するというシンプルなもの。鍵の解錠はアプリ内のQRコードリーダーで行います。

●個人が提供して一緒に作っていくシェアサイクル

メルチャリの特徴について、個人の参加があると執行役員兼ゾウゾウ代表取締役の松本龍祐氏は語ります。

「個人宅であるとか、自分の空いているスペース、未活用のスペースをチャリのポートとして活用できます」(松本氏)。一般ポートの募集はウェブサイトにて開始するとのこと。

また、シェアサイクルサービスで問題視されるのが放置自転車(ポート以外への長期間駐輪)です。この対策にも個人ユーザーの力を借ります。具体的には、放置自転車を連絡したユーザーには、インセンティブとしてマイルを付与。このマイルはメルカリ内で使えるポイントとも交換できるといいます。

メルカリがシェアサイクルサービスを提供する理由については「オンラインだけでなく、オフライン・リアルな場でもメルカリを使っていただきたい。我々が提供するサービスをさらにに使っていただきたい。その最初の接点としてメルチャリのサービス提供を開始した」(松本氏)と語りました。

情報源:速報:メルカリが自転車シェア「メルチャリ」発表 。個人宅も駐輪場に、福岡で27日開始 – Engadget 日本版


メルカリグループのソウゾウは2月13日、シェアサイクル事業に参入すると発表した。新サービス「メルチャリ」の提供を開始。まずは、2月27日に福岡市内で実施。日常的なシーンで自転車を気軽に利用できる環境を整え、リアルの場でのシェアリングエコノミーの促進を狙う。利用料金は、1分あたり4円。

新サービスの「メルチャリ」
新サービスの「メルチャリ」

メルチャリは、街中にあるシェアサイクルを必要なときにいつでも公共交通のように使える。通勤や観光のちょっとした距離を移動するときに、アプリでレンタルして移動し、目的地近くの好きな場所に停めるだけ。気軽にシェアサイクルが利用できるサービスだ。自転車を乗り降りする「メルチャリポート」として、13社とパートナーシップを組んだほか、個人や個人商店などがもっているスペースをポートとしてシェアしていくことにも取り組んでいく。第一弾の福岡では、サービス開始時点でポート数が50台、自転車を400台以上を予定する。夏ごろには2000台の自転車を用意する計画。

発表に伴って記者会見を開催し、松本龍祐・メルカリ執行役員兼ソウゾウ代表取締役が登壇。「“所有”から“共有”を目指すうえで、メルチャリは非常にマッチしている」と、今回のサービスを開始した理由を説明した。記者会見には、多くの報道関係者が詰めかけた。

松本龍祐・メルカリ執行役員兼ソウゾウ代表取締役
松本龍祐・メルカリ執行役員兼ソウゾウ代表取締役
メルカリ新サービス「メルチャリ」事業説明会
メルカリ新サービス「メルチャリ」事業説明会

外部リンク

情報源:【会見速報】メルカリがシェアサイクル事業に参入、新サービス「メルチャリ」を開始 – BCN RETAIL


ほぉ・・・