【海外発!Breaking News】11歳妹、14歳兄の子を産む 刑事責任は問えず(スペイン) | Techinsight

マジかよ・・・


  • スペインで、11歳の妹が14歳の兄の子を出産したと英メディアが伝えた
  • 「この先どうしていくことが最善なのかを模索している状況」と地元当局
  • 2人の性行為が合意の上だったかについても「結論が出ていません」とした

11歳妹が14歳兄の子を産む(画像は『Metro 2018年2月6日付「Girl, 11, ‘gives birth to 14-year-old brother’s baby’」(Picture: Google Maps)』のスクリーンショット)
11歳妹が14歳兄の子を産む(画像は『Metro 2018年2月6日付「Girl, 11, ‘gives birth to 14-year-old brother’s baby’」(Picture: Google Maps)』のスクリーンショット)

11歳の娘を妊娠させ、赤ちゃんを産ませたのは3歳年上の兄。慎重な聞き取り調査を経て、スペインの警察は苦々しい思いで1つの事実を家族に告げた。刑事上の責任能力を持たない13歳の兄による妹への性的行為。この国に近親相姦を認める法律が存在することも一因であろうか。話題は世界的に波紋を広げているもようだ。

今月2日、スペイン南東部のムルシア州で11歳の少女が男の赤ちゃんを出産した。腹痛を訴えて病院で診察を受けたところそのまま出産となったもので、一家はボリビアからの移民。本人や家族もまさかそれが妊娠だとは思わなかったとしている。

英メディアMetroが伝えたところによれば、未成年少女性的暴行事件として警察が動いたなか、見えてきたのは妹と異様な関係にある14歳の兄の存在であったという。

慎重な聞き取り調査を経て、警察は赤ちゃんはその兄の子であると判断。地元の保健衛生当局は「この事件は極めて稀な例。調査は進行中でまだいろいろなことが解明されておらず、この先どうしていくことが最善なのかを模索している状況です。母となった少女と赤ちゃんの健康状態は良好です」と述べるにとどめている。幼い2人の性行為が合意のもとに行われていたのか否かについても注目が集まったが、「それもまだ結論が出ていません」と説明している。

妹が妊娠した時の兄は13歳。たとえ性的暴行があったとしても刑事上の責任を問うことはそもそも困難であったというが、実は近親相姦に関するこの国の法律にも関心が集まっている。合意の上の近親相姦は合法としているスペイン。5年前にその年対象年齢は13歳から16歳に引き上げられたものの、心身ともに早熟である場合にはそれを考慮するとのこと。このたびの事例も合意の上での性行為であった可能性を否定できないことから、警察は性的暴行事件として扱うことに慎重な姿勢を示している。

ただし、妹が兄の子を出産するというのは両親や親族にとってはにわかに信じがたい、受け入れがたいこと。現在、兄と赤ちゃんについてのDNA鑑定が行われているという。

画像は『Metro 2018年2月6日付「Girl, 11, ‘gives birth to 14-year-old brother’s baby’」(Picture: Google Maps)』のスクリーンショット

情報源:11歳妹、14歳兄の子を産む 刑事責任は問えず(スペイン) – エキサイトニュース(1/2)

情報源:11歳妹、14歳兄の子を産む 刑事責任は問えず(スペイン) – ネタりか

情報源:【海外発!Breaking News】11歳妹、14歳兄の子を産む 刑事責任は問えず(スペイン) | Techinsight


これは何に驚けばいいんだ・・・