慰安婦問題:首相「日韓合意履行を」 文氏「解決できぬ」 – 毎日新聞

ふむ・・・


【平昌・高橋克哉】安倍晋三首相は9日、韓国・平昌冬季五輪開会式出席のため訪韓し、文在寅(ムンジェイン)大統領と約1時間会談した。首相は慰安婦問題に関する2015年の日韓合意の着実な履行を求めたが、文氏は日韓合意では慰安婦問題を解決できないとのこれまでの主張を繰り返した。一方、両首脳は、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮への圧力を最大限まで高め、日米韓で緊密に連携する方針を確認した。

首相は会談後、記者団に日韓合意に関し「国と国との約束は2国間関係の基盤だ。大統領との間で未来志向の日韓関係を作り上げていかなければならないとの認識を共有した」と強調した。北朝鮮に対しては「拉致・核・ミサイル問題の解決に向けて、具体的な行動を取るよう、日韓米の緊密な連携のもとに強く働きかけていきたい」と述べた。

会談では、首相が「国と国との約束は政権が代わっても守るのが国際的かつ普遍的な原則だ」と要求した。

文氏が日本の植民地時代の元徴用工の個人請求権は消滅していないと発言した問題についても意見を交わし、首相は「解決済み」との日本政府の立場を改めて伝え、文氏に適切な対応を求めた。

北朝鮮を巡っては、首相は「南北対話が五輪成功に向けて進められたのは評価する」としながら、「ほほ笑み外交に目を奪われてはならない。五輪後が正念場だ」と指摘した。

また、「北朝鮮が非核化に向けた意思と具体的行動を示すことが重要だ。日韓米3カ国で連携して最大限圧力をかける方針がぶれてはならない」とクギを刺した。

一方、文氏は会談冒頭、「『平昌平和五輪』の開催を契機として、北朝鮮の核問題を解決し、朝鮮半島の恒久的な平和を定着させる糸口のために努力している」と理解を求めた。会談では日中韓首脳会議の早期開催を目指すことも確認した。

両首脳の会談は昨年9月にロシア・ウラジオストクで開催されて以来で3回目。安倍首相の訪韓は15年11月の日中韓首脳会談以来で約2年3カ月ぶり。

情報源:<慰安婦問題>首相「日韓合意履行を」 文氏「解決できぬ」 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

情報源:慰安婦問題:首相「日韓合意履行を」 文氏「解決できぬ」 – 毎日新聞


当然だな。