世界最小クラス ミニロケット打ち上げ成功

世界最小クラス ミニロケット打ち上げ成功

ほぉ・・・



将来、世界的に需要が増すと予想されている超小型衛星を低コストで打ち上げようと、JAXA=宇宙航空研究開発機構が実験用に開発した世界最小クラスのミニロケットが、3日午後2時3分鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられました。ミニロケットは搭載した超小型衛星を予定の軌道に投入し、打ち上げ実験は成功しました。

JAXAが新たに開発した全長およそ10メートルの世界最小クラスのミニロケットは東京大学が開発した超小型衛星を載せて、3日午後2時3分に鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられました。

ミニロケットは衛星を覆っている先端のカバーや1段目のエンジンを切り離しながら上昇を続け、超小型衛星を予定の軌道に投入し打ち上げ実験は成功しました。

このミニロケットは去年1月に最初の打ち上げが行われましたが、飛行中に機体の状態を示すデータが途絶えたことから飛行が中断されていて、2度目の挑戦での成功となりました。

超小型衛星は上空から地上を観測することによって、自然災害の発生や農作物の生育状況の確認など宇宙ビジネスの分野でさまざまな活用ができることから世界的な需要の増加が予想されていて、合わせて、打ち上げコストを下げるための専用のミニロケットの開発も盛んになっています。

今回、打ち上げられたミニロケットや衛星には、コスト削減のため家電製品などに使われる民生用の部品が実験的に使われていて、JAXAなどでは今回の打ち上げで得られるデータを民間企業にも積極的に活用してもらい、日本の宇宙ビジネスのすそ野を広げたいとしています。

超小型衛星ビジネスの試金石

世界最小クラスとなる今回のミニロケットは、需要の増加が予想される手で持ち運べるサイズの超小型衛星を打ち上げるために、JAXA=宇宙航空研究開発機構が、これまで地球上空の観測に使われてきた2段式のロケット「SS-520」を3段式にすることで、新たに開発しました。

「520」はロケットの直径がわずか520ミリしかないことからつけられています。ミニロケットの開発にあたっては低価格での打ち上げを目指す狙いから、これまでの技術を活用するだけでなく、ロケットの電子部品に家電製品や携帯電話など私たちの生活に身近な製品に使われているものと同じ民生用の部品がいくつも採用されました。

また、大型ロケットに搭載されているような、飛行中の機体のバランスを調整する高価な機能が省略されるなど、システムや設備の簡素化も進められました。

この結果、打ち上げにかかる費用はロケットと衛星を合わせておよそ5億円と、JAXAのほかの人工衛星の打ち上げに比べて数十分の1に抑えられています。今回の打ち上げ実験は、ロケットの低コスト化と信頼性を両立させ、世界的に競争が激しくなる超小型衛星の打ち上げビジネスに日本が参入していけるのか、その試金石となるものでした。

競争激化のミニロケット開発

超小型衛星の需要増大にともない、打ち上げを低コストで行えるようにしようとミニロケットの開発も盛んになっています。

これまで打ち上げられてきた人工衛星は、重さが2トンを超えるような大型のものが多く、気象観測や通信などのために政府機関が打ち上げるものが主流で、ロケットも大型化が進みました。

一方で、ここ数年は、電子部品の高性能化によって、持ち運びが可能なサイズの超小型衛星が開発され、宇宙空間を利用したさまざまなビジネスに活用する動きが広まりました。

これに合わせて、超小型衛星を低コストで打ち上げられるようにしようとミニロケットの開発も盛んになっています。先月21日には、アメリカのベンチャー企業「ロケットラボ」が開発した全長17メートルの超小型衛星を載せたミニロケットが新たにニュージーランドに整備した発射場から打ち上げられ、衛星を予定の高度で切り離して超小型衛星のためのミニロケットとして初の打ち上げ成功となりました。この会社では、需要の高まりに応えるために、将来は週に1回以上の打ち上げを目指すことにしています。

日本でも北海道のベンチャー企業「インターステラテクノロジズ」が超小型衛星を専門に搭載する格安のミニロケットの開発を進め、打ち上げビジネスへの参入を目指していて、2020年に北海道大樹町から打ち上げたいとしています。

また、キヤノン電子など4社が共同で設立した会社は、2021年までに超小型衛星を打ち上げるロケットの開発を検討していて、現在、発射場の建設場所について国内外の複数の候補地から選定を進めています。これについては、和歌山県と串本町が町内にある荒船海岸周辺への誘致を目指しています。

宇宙ビジネス目指す企業も期待

超小型衛星を低コストで打ち上げられるミニロケットの誕生に、日本のベンチャー企業も期待を寄せています。

宇宙ビジネスへの参入を目指すベンチャー企業「アクセルスペース」です。重さ100キロほどの超小型衛星50機をことしから順次打ち上げる計画で、2022年までに地球上を24時間体制で観測できるサービスを始めたいとしています。

石油パイプラインの保守点検や船舶の航路の把握、リゾート施設の防犯のための監視業務などを上空から衛星を使って行うことで新たなビジネスを展開したいと考えています。

人工衛星を使えば、人や車、それにものの動きを分析する経済予測や農場や森林などの資源の管理、自然災害の被害の把握などが簡単にできるようになることから、海外でも多くのベンチャー企業がビジネス展開を目指しています。

こうしたビジネスを展開する上で課題となっているのが衛星を打ち上げるためのロケットです。これまでは超小型衛星を専用に打ち上げるロケットがなく、大型のロケットにほかの衛星と相乗りする形で打ち上げるしかありませんでした。

この場合、超小型衛星をビジネス上必要となる軌道に投入しようとしてもさまざまな制約が出てくるため、打ち上げ費用が安い専用のロケットの誕生が待ち望まれているのです。

アクセルスペースの中村友哉代表は「超小型衛星で事業を継続的に拡大していくためには専用のロケットが不可欠だ。特に海外の打ち上げの場合、衛星の輸出の手続きが煩雑になる場合が多く、日本での誕生を期待している」と話していました。

芸能プロも宇宙ビジネス参入

宇宙ビジネスは、私たちの身近なエンターテインメントの世界にもすそ野を広げようとしています。

大手芸能プロダクションは、360度カメラを搭載した超小型衛星を打ち上げ、宇宙空間の映像を地上にリアルタイムに送ることで、VR=バーチャルリアリティーで宇宙旅行を楽しめるサービスを展開する計画を発表しました。

このプロダクションでは、去年、宇宙時代の到来に向けて宇宙とエンターテインメントを融合しようと新たな部署を発足させました。

会見したオスカープロモーションの鈴木誠司副社長は「バーチャルリアリティーで宇宙旅行を楽しめるようにしたい。2020年の東京オリンピック・パラリンピックでは、VR体験イベントの開催を目指します」と話していました。

情報源:世界最小クラス ミニロケット打ち上げ成功 | NHKニュース


超小型衛星を搭載して打ち上げられる小型ロケット「SS520」5号機(3日午後2時3分、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所で)=浦上太介撮影

超小型衛星を搭載した宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)の小型ロケット「SS520」が3日午後2時3分、内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県肝付きもつき町)から打ち上げられた。

衛星は約7分30秒後に分離、予定の軌道に投入され、打ち上げに成功した。SS520は昨年1月、配線が破損するトラブルで打ち上げに失敗し、今回が再挑戦だった。

SS520は、全長9・54メートルと電柱ほどの大きさで、衛星を運ぶロケットでは世界最小級。観測用ロケットだった機体を先端部に衛星が搭載できるように3段式に改良、家電製品で使われる部品を取り入れて、打ち上げ費用を約5億円に抑えた。さらに昨年の失敗を踏まえ、設計を見直した。

情報源:超小型衛星を搭載、ミニロケット打ち上げ成功 (読売新聞) – Yahoo!ニュース

情報源:電柱ほどの大きさ…小型ロケット打ち上げ成功 : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


打ち上げられた「SS520」5号機=宇宙航空研究開発機構(JAXA)ホームページより

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は3日、東京大の超小型衛星を載せた電柱サイズのロケット「SS520」5号機を内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県)から打ち上げた。約7分半後に衛星を分離し、約3時間後に地上との通信を確認。打ち上げは成功した。

SS520の5号機は長さ9.5メートル、直径52センチ、重さ2.6トンで、人工衛星を軌道投入できる世界最小クラスのロケット。1~3号機は人工衛星を搭載しない観測ロケットで、JAXAは昨年1月、初めて人工衛星を載せた4号機を打ち上げたが電気系統の故障で失敗。4号機を改良した5号機で再挑戦した。昨年12月に打ち上げる予定だったが、機器の不具合で延期していた。機体製造と打ち上げの費用は計約5億円。

SS520ロケットの打ち上げは今回で終了する。この開発に関わったキヤノン電子など4社は、後継となる小型ロケット開発を進めるため昨年8月に新会社を設立しており、今後は民間が担う。

小型衛星の打ち上げ需要は世界で急速に高まっており、低コストで打ち上げられる小型ロケットの開発が世界で進んでいる。米ベンチャーのロケットラボ社は1月にニュージーランドで打ち上げた小型ロケットで人工衛星の軌道投入に成功した。日本でも、投資家の堀江貴文さんが出資する宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」が今春にも日本初の民間小型ロケットによる宇宙到達を目指す。【酒造唯】

情報源:<ロケット>「電柱サイズ」打ち上げ成功 衛星との通信確認 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

情報源:ロケット:「電柱サイズ」打ち上げ成功 衛星との通信確認 – 毎日新聞


宇宙航空研究開発機構(JAXA)は3日午後2時3分、電柱サイズのロケット「SS―520」5号機を内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県)から打ち上げた。キヤノン電子が参画し、部品に民生品を使いコストを抑えた。東京大学の超小型衛星「TRICOM―1R」を約7分半後に分離し、予定の軌道に投入することに成功した。今回の成功により、宇宙関連産業の裾野が広がると期待される。

JAXAによると打ち上げ後3分までに、飛行を続行できると判断し、第2段点火の指示を送った。正常に点火できたという。

失敗に終わった2017年1月の打ち上げに続く2回目の挑戦。ミニロケットは既存の宇宙観測ロケット「SS―520」を改良した。大きさは電柱サイズで、主力ロケットの5分の1以下だ。衛星を投入できるロケットとしては世界最小クラスとなる。打ち上げ費用は大型ロケットより大幅に安い約5億円だ。

ロケットの部品に携帯電話や家電に使われる半導体などの民生品を使い、コストを抑えた。キヤノングループで精密機器を製造するキヤノン電子が飛行を制御する装置を担当した。量産される民生品が宇宙空間でも十分に使えるかどうかを確かめる。

東大の衛星も民生品を活用した。約1カ月間運用し、飛び方を衛星自ら判断しながら地上を撮影したり、地上からの微弱な電波を捉えたりできるか検証する。

JAXAは17年1月に超小型衛星専用のSS―520の4号機を打ち上げたが20秒後に通信が途絶え失敗した。JAXAは配線のショートが原因の可能性が高いとして、保護材をあてがうなどの対応策を施した。

今回の打ち上げは、民間の宇宙ビジネス拡大の契機になる。重さ数百キログラム以下の小型衛星は、短期間に低価格で開発でき、企業や大学にも手が届く。ミニロケットはこうした小型衛星の打ち上げに特化しており、低コストで頻繁に打ち上げることができる。

小型衛星の市場を広げると期待されており、米国では複数のベンチャー企業が参入した。世界では超小型衛星を大量に打ち上げて地球を取り囲み、地表を網羅して観測できるビジネスが立ち上がりつつある。超小型衛星の打ち上げ需要は23年に460基と16年の4.6倍に膨らむとの調査もある。

既存のロケットは大きすぎるため他の小型衛星と相乗りするケースも多く、自分の都合で打ち上げ時期や軌道を選べない不自由さがあった。

キヤノン電子はIHIエアロスペース、清水建設、日本政策投資銀行と設立した共同出資会社を通じ、ロケット打ち上げサービスの事業化を目指している。ロケットは超小型や小型の衛星を単独で運べる固体燃料式を想定している。

また民営のロケット発射場を和歌山県串本町に建設する方針だ。人工衛星の打ち上げ能力を持つ小型ロケット専用の発射場で、地質調査などを経て正式に決める。2021年の完成を目指している。

日本のロケット発射場はJAXAが保有する内之浦宇宙空間観測所と種子島宇宙センター(鹿児島県)の2拠点のみ。民営のため政府の予定に左右されず打ち上げでき、コスト削減にもつながると期待されている。

情報源:世界最小級ロケット打ち上げ成功、衛星投入 JAXA:日本経済新聞


内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられた衛星用で世界最小級のロケット「SS520」5号機=3日午後2時3分、鹿児島県肝付町

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は3日午後2時3分、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所で、衛星用では世界最小級のロケット「SS520」5号機を打ち上げた。市販部品を使い低コストの打ち上げを目指したロケットで、7分半後に東京大の超小型衛星を地球周回軌道に投入。昨年1月に失敗した4号機に続く2回目の挑戦で、打ち上げに成功した。

5号機の責任者を務めたJAXAの羽生宏人准教授は記者会見で「うれしく、ほっとした」と表情を緩め、「日本製の民生(市販)部品が宇宙技術に転用できることを、1年遅れになったが示せたことは大事だ」と話した。

5号機は全長約9.5メートルで、日本の主力ロケットH2Aの5分の1以下の大きさ。超小型衛星の需要が増え、打ち上げ費用の安いロケットとして開発された。重さ4キロの物体を、高度2000キロ以下の低い軌道に打ち上げる能力がある。費用は約5億円。

JAXAは昨年1月に4号機を打ち上げたが、ロケットから飛行データが受信できなくなり失敗。データを送る装置の電源ケーブルが振動で機体とこすれて損傷し、ショートした可能性が高いことが分かり、配線ルートを見直すなどした。

超小型衛星「TRICOM―1R」は、地上から180~1500キロ上空を周回して地表を撮影するほか、地上から送信されたデータを集め、まとめて転送。海上や山奥の観測機器からのデータ収集などに活用できる。リレーのようにデータをつなぐため、「たすき」と愛称が付けられた。

ロケットと衛星は、市販部品の利用でコスト削減を目指す経済産業省の委託事業で開発された。

情報源:最小級ロケット成功=衛星打ち上げ、再挑戦で―JAXA (時事通信) – Yahoo!ニュース

情報源:最小級ロケット成功=衛星打ち上げ、再挑戦で-JAXA:時事ドットコム


昨年1月の打ち上げ失敗から1年余り。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が再挑戦した最小級ロケット「SS520」5号機は、超小型衛星を低コストで打ち上げるロケットを目指して開発された。小型衛星の商業利用が広がりを見せる中、最近は民間でも宇宙を目指す実験や計画が続々と現れている。

北海道大樹町のベンチャー企業インターステラテクノロジズは昨年7月、民間初の宇宙空間到達を目指し、小型観測ロケット「MOMO(モモ)」1号機(全長約10メートル、重さ約1トン)を打ち上げた。不具合で緊急停止し、宇宙には届かなかったが、同社は機体の強度などに問題があったと推定。強度を増すなどの改良を施した2号機を、今春にも打ち上げたい考えだ。

昨年8月にはキヤノン電子やIHIエアロスペースなど4社が、小型衛星用のロケット打ち上げサービス事業に向けた新会社設立を発表。ベンチャー企業アイスペース(東京都)も昨年末、独自の月着陸船開発などの計画を明らかにした。

民間の参入を後押しするため2016年に成立した宇宙活動法も、17年11月に一部施行され、打ち上げ計画の申請受け付けが始まった。同法はロケット設計の事前審査や打ち上げの許可制を定めており、内閣府の担当者は「必要な基準を明確にしたことで、新規事業者が取り組みやすくなった」と説明する。

ロケットが落下して地上に損害を与え、事業者に加入を義務付けている保険でも賠償金が足りない場合、政府が補償する枠組みも定めた。政府は今後、ロケットの設計や飛行経路計画など、詳細なガイドラインを作成する予定だ。

情報源:宇宙開発、民間も着々=小型衛星の需要増―法整備で政府後押し・最小級ロケット (時事通信) – Yahoo!ニュース


へぇ・・・