安倍首相 ピョンチャン五輪開会式出席で最終調整

安倍首相 ピョンチャン五輪開会式出席で最終調整

えぇ・・・


安倍晋三首相は23日、首相官邸で産経新聞のインタビューに応じ、韓国で2月9日に行われる平昌(ピョンチャン)五輪の開会式出席のため訪韓する考えを明らかにした。その際に文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談し、慰安婦問題をめぐる日韓合意に関し、文政権が示した新方針を「受け入れることはできない」と直接伝える意向を示した。核・ミサイル開発を続ける北朝鮮については「高度な圧力の維持を再確認したい」と述べた。(田北真樹子、阿比留瑠比)

首相は「五輪は平和とスポーツの祭典であり、日本は2020年に東京五輪を主催する立場だ。諸般の事情が許せば平昌五輪開会式に出席し、日本人選手たちを激励したい」と述べた。

その上で「現地で文大統領とぜひ会談したい。慰安婦問題をめぐる日韓合意について韓国が一方的にさらなる措置を求めることは受け入れることはできない。この考え方を直接伝えるべきだと考えている」と説明。在ソウル日本大使館前の慰安婦像撤去についても「当然強く主張することになる」と述べた。

南北対話については「五輪は五輪で切り離して考えるべきだ。北朝鮮への圧力を最大化していく方針はいささかもぶれてはならない。この考え方も文大統領に明確に伝えたい」と述べた。北朝鮮に対する人道支援再開については「間違ったメッセージを与えることになる」と反対する考えを示した。

日本では韓国が示した新方針への批判が根強い。首相も一時出席見送りを検討し、産経新聞も報じたが、北朝鮮情勢などを考慮して再考したという。首相は「何をすべきかを熟慮して判断し、実行するのは政権を担う者の責任だ」と説明した。

北朝鮮情勢については「五輪期間中に挑発的な行動が抑制されるのはよいことだが、その間も核・ミサイル開発を続けている。だからこそ制裁を維持し続けるということが大切だ」と指摘。北朝鮮の核保有については「NPT(核拡散防止条約)の根幹が崩れることになる。断じて容認できない」と語った。

一方、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺での中国の挑発的な行動について「日本の領土、領空、領海は断固守り抜く。私たちの明確な意志を見誤ってはならない。今後も毅然(きぜん)かつ冷静に対応する」と強調した。

その上で「隣国ゆえに困難な問題もあるが、だからこそ話し合わねばならない。アジアの平和と繁栄のために日中は大きな責任を共有している」と述べた。

情報源:首相、平昌開会式に出席 日韓合意新方針 文氏に「拒否伝える」 (産経新聞) – Yahoo!ニュース

情報源:安倍晋三首相、平昌五輪開会式出席へ 単独インタビューで表明 「日韓合意新方針は受け入れられぬ。文在寅大統領に直接伝えたい」(1/2ページ) – 産経ニュース


韓国が、条約にも等しい日韓慰安婦合意をないがしろにする中での安倍晋三首相の平昌(ピョンチャン)五輪開会式出席をめぐっては、首相官邸や外務省の幹部にも慎重意見が根強かった。また、首相の支持者の間でも反対論が圧倒的だったにもかかわらず、首相があえて出席を決断したのはなぜか。(阿比留瑠比)

今回の産経新聞のインタビューや、首相の周辺取材を通じてみえてきたのは、リスクを取ることをいとわず、批判を覚悟して為(な)すべきことを為そうとする「政権を担う者の責任」だった。

「韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は日韓合意をおとしめ、日本に新たな措置を求めることを表明して、それで話を終わらせようとしていた。そうはいかない。安倍首相は文氏に、合意を履行して在韓日本大使館前などの慰安婦像を撤去しろと言う」

首相周辺は語る。大統領選で、合意見直しを公約していた文氏の国内世論対策に日本政府は付き合わず、あくまで誠実な合意履行を突き付け続けるということである。それも、文氏にとって晴れ舞台となる五輪の機会に、最高の見せ場であるはずの首脳会談でだ。

文氏の国内向けの「日本に言うべきことを言ってやった」というパフォーマンスを許さず、韓国には約束を果たす義務があると内外に示す狙いがある。

また、五輪開会式の前には、やはり式に出席する米国のペンス副大統領の来日が予定される。この際にも安倍首相は会談や夕食会などを通じ、日韓合意の経緯や日本の立場をじっくり説明する考えだ。緊密な日米関係を背景に、ペンス氏と歩調を合わせ、文氏に合意履行を迫ることになろう。

「実は、米ホワイトハウスからも、安倍首相に開会式に出てほしいという強い要請があった」

政府高官はこう明かす。韓国に対し、行き過ぎた対北朝鮮融和政策に走らないようクギを刺したい米国が、パートナーとして安倍首相を指名した形だ。そしてそれは、最大限に対北圧力を高めたい日本政府の思惑とも一致する。

五輪開会式に出席する各国の首脳は、ごく限られている。その中で、日米の首脳がそろって日韓合意の履行と北朝鮮への圧力堅持を要求すれば、韓国に対する強いメッセージとなる。

ただ、事がうまく運ばない場合は訪韓は韓国にこびた姿勢と受け取られ、厳しい批判を浴びかねない。行くにしろ行かないにしろ、ぎりぎりの決断だったのだろう。

情報源:平昌開会式出席 首相、ぎりぎりの決断 慰安婦合意履行、迫れるか (産経新聞) – Yahoo!ニュース

情報源:安倍晋三首相の平昌五輪開会式出席、リスクを取ったぎりぎりの決断 「慰安婦の日韓合意を終わったことにさせない」(1/2ページ) – 産経ニュース


安倍晋三首相、韓国の文在寅大統領

安倍晋三首相は2月9日の平昌冬季五輪開会式に出席するため、韓国を訪問する方針を固めた。文在寅大統領と会談する方向で調整。慰安婦問題で日本側の謝罪を求める韓国の新方針を拒否し、日韓合意の着実な履行を要求する。核・ミサイル開発を進める北朝鮮への圧力強化や日米韓3カ国の緊密連携も確認したい考えだ。日本政府筋が24日、明らかにした。

政府内では、韓国の慰安婦問題を巡る対応への反発から訪韓に慎重論があったが、文氏の招待を重視。政治とスポーツは切り離した上で、文氏に日本側の考えを直接伝えるべきだと判断した。

(共同)

情報源:首相、平昌五輪開会式出席へ 韓国大統領との会談調整:政治:中日新聞(CHUNICHI Web)


文在寅(ムン・ジェイン)大統領と安倍首相が昨年11月14日、フィリピン・マニラの国際コンベンションセンターで開催されたASEANプラス3首脳会議の記念撮影で並んで立っている。(青瓦台写真記者団)

安倍首相が来月の平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)開会式に出席する意向を明らかにした。

安倍首相は23日、首相官邸で産経新聞の単独インタビューに応じ、「五輪は平和とスポーツの祭典であり、日本は2020年に東京五輪を主催する立場だ。諸般の事情が許せば平昌五輪開会式に出席し、日本人選手たちを激励したい」と述べた。当初は不参加の可能性が高かったことに関しては「何をすべきかを熟慮して判断し、実行するのは政権を担う者の責任だ」と説明した。

安倍首相は開会式出席に合わせて文在寅(ムン・ジェイン)大統領と首脳会談もする計画だ。旧日本軍慰安婦問題が会談の議題として扱われる見通しだ。

安倍首相はこの日のインタビューで「現地で文大統領とぜひ会談したい。慰安婦問題をめぐる日韓合意について韓国が一方的にさらなる措置を求めることは受け入れることはできない。この考え方を直接伝えるべきだと考えている」と明らかにした。またソウル日本大使館前の少女像について「当然強く(少女像撤去を)主張することになる」と強調した。
南北対話については「五輪は五輪で切り離して考えるべきだ。北朝鮮への圧力を最大化していく方針はいささかもぶれてはならない。この考え方も文大統領に明確に伝えたい」と述べた。

韓国政府の対北朝鮮人道的支援再開方針にも「間違ったメッセージを与えることになる」と反対する考えを示した。続いて「五輪期間中に挑発的な行動が抑制されるのはよいことだが、その間も核・ミサイル開発を続けている。だからこそ制裁を維持し続けるということが大切だ」と主張した。

北朝鮮の核保有と関しては「NPT(核拡散防止条約)の根幹が崩れることになる。断じて容認できない」と述べた。

情報源:安倍首相が平昌五輪開会式出席へ 「文大統領に伝えるべきこと多い」 (中央日報日本語版) – Yahoo!ニュース

情報源:安倍首相が平昌五輪開会式出席へ 「文大統領に伝えるべきこと多い」 | Joongang Ilbo | 中央日報


安倍総理大臣は、日本と韓国の未来志向の関係構築につなげたいとして、来月開かれる韓国のピョンチャンオリンピックの開会式に出席する方向で最終調整に入りました。安倍総理大臣は、開会式への出席に合わせて韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と会談し、慰安婦問題をめぐる日韓合意の着実な履行を求めるとともに、北朝鮮への対応で緊密な連携を確認したい考えです。

来月9日に開かれる韓国のピョンチャンオリンピックをめぐっては、韓国のムン・ジェイン大統領が、安倍総理大臣に、開会式に出席してほしいという意向を重ねて伝えています。

ただ、ムン・ジェイン政権が、慰安婦問題をめぐる日韓合意は誤りだったという認識を示したことから、日本政府や与党内には、開会式に出席できる状況ではなくなったという意見と、日韓関係の重要性に鑑みて開会式には出席するのが好ましいという意見の両論が出ていました。

こうした中、安倍総理大臣は、ムン大統領の招待を重視し、日本と韓国の未来志向の関係構築につなげたいとして、開会式に出席する方向で最終調整に入りました。

ただ、慰安婦問題をめぐる日韓合意については、日韓の両政府間で最終的、不可逆的な解決であると確認したことに加え、アメリカやイギリスなど各国の評価を得た国際約束だとして、今後も堅持していく方針です。

安倍総理大臣は、開会式への出席に合わせてムン大統領と会談し、こうした考えを伝えて、慰安婦問題をめぐる日韓合意の着実な履行を求めるとともに、北朝鮮への対応で緊密な連携を確認したい考えです。

情報源:安倍首相 ピョンチャン五輪開会式出席で最終調整 | NHKニュース


行くのかよ。


「安倍首相 ピョンチャン五輪開会式出席で最終調整」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。