春日大社の太刀 平安時代後期の最古級か

春日大社の太刀 平安時代後期の最古級か

へぇ・・・


奈良市の春日大社で昭和14年に見つかった太刀を研ぎ直して調査したところ、平安時代後期に作られた、今の形の日本刀としては最古級のものと見られることがわかりました。

春日大社の太刀 平安時代後期の最古級か
春日大社の太刀 平安時代後期の最古級か

この太刀は、昭和14年に春日大社の宝庫の天井裏から見つかった刀のうちの1ふりで、刃の部分がさびに覆われていたため春日大社が研ぎ直して詳しく調査していました。

その結果、つかに近い部分にそりがあることや先端部分が直線に近い形をしていることなどから、平安時代後期に伯耆国(ほうきのくに)、今の鳥取県で作られた「古伯耆」(こほうき)と呼ばれる太刀と見られることがわかったということです。

銘が無いため作者は不明ですが、「古伯耆」は今の日本刀の形をした太刀としては最も古い時代に作られたものの1つで、現存している中には国宝や国の重要文化財に指定されているものもあるということです。

春日大社の花山院弘匡宮司は「春日大社創建1250年の年に、このような貴重な太刀であったことがわかり驚いています。1000年にわたって守られてきた太刀なので多くの人に見てもらいたい」と話しています。

この太刀は今月30日から3月26日まで春日大社国宝殿で公開されます。

情報源:春日大社の太刀 平安時代後期の最古級か | NHKニュース


国内最古級の日本刀と確認された「古伯耆」=22日午後、奈良市の春日大社(渡辺恭晃撮影)

春日大社(奈良市)の宝庫で昭和14年に見つかった太刀が、伯耆(ほうき)国(現在の鳥取県中西部)の刀工によって平安時代後期に製作された最古級の日本刀と判明し、同大社が22日、発表した。刀身には使用したり研いだりした形跡がほとんどなく、「当時の長寸太刀は現存数が少なく、貴重な資料」としている。30日~3月26日に大社国宝殿で公開される。

太刀は無銘だが、刀身の古さから“天下五剣”に数えられる国宝「童子切(どうじぎり)」(東京国立博物館蔵)で名高い刀工「安綱」作の可能性もあり、南北朝~室町時代初期に武家から奉納されたとみられる。

太刀の刀身は刃長82・4センチ、反り3センチ、幅3・3~2センチ。昭和14年に宝庫の解体修理の際に天井から見つかった太刀の一振りで、刀身が錆(さび)に覆われていたことから、人間国宝の本阿彌光洲(ほんあみ・こうしゅう)氏に研磨を依頼していた。

この際、東京国立博物館の酒井元樹・主任研究員が調べたところ、反りの形状から、平安時代後期の太刀と判明。地鉄(じがね=肌模様)や刃文などから伯耆国の刀工が製作した「古伯耆物」と分かった。

国内の刀剣は、刀身がまっすぐな直刀だったのが、平安時代後期ごろに現代人が日本刀としてイメージする反りや鎬(しのぎ=刀身の側面で小高くなっている部分)などがあるものに推移。今回の太刀はその成立時期に当たるという。

酒井主任研究員は「長寸である上、当初の姿をとどめており極めて貴重」と指摘。花山院弘匡(かさんのいん・ひろただ)宮司は「タイムカプセルのように残っていて驚きだ」と話している。

情報源:【動画】春日大社で見つかった日本刀、最古級と判明 平安後期に伯耆国の刀工が製作か(1/2ページ) – 産経WEST


最古級の日本刀であることが分かった太刀の刀身=奈良市の春日大社で2018年1月22日、小関勉撮影

春日大社(奈良市)は22日、所蔵する太刀1本を研磨した結果、日本刀の原型が成立した最初期である平安時代末期ごろに作られた「古伯耆物(こほうきもの)」と呼ばれる最古級の日本刀と判明した、と発表した。現存する鎌倉時代以前の刀剣の中でも長寸の刃長82.4センチで、製作した当時の形がほぼ残っており、貴重という。

1939(昭和14)年に大社宝庫の解体修理をした際に天井裏から発見された太刀12本のうちの1本。刀身がさびていた太刀について2015年から順次、刀剣研磨師の人間国宝、本阿弥光洲(ほんあみ・こうしゅう)さんに研磨してもらっており、今回の太刀が4本目だったという。

持ち手付近からの反り方など最初期の特徴を備えていたうえ、焼き入れの際に刃の表面に入った模様の特徴などから、伯耆国(現在の鳥取県)で作られた古伯耆物と分かった。製作者の銘は無いものの、調査した東京国立博物館の酒井元樹・主任研究員によると、国宝「童子切(どうじぎり)」(同博物館蔵)で知られ、同時代に活躍した刀工、安綱(やすつな)が製作した可能性があるという。

大社は、平安時代から続く武家に伝えられていたものが、南北朝~室町初期に奉納されたと推測。外装は、中世の武士が常用していた「黒漆(こくしつ)太刀」と呼ばれる作りだが、その前には別の外装が施されていたとも考えられるとしている。

30日から大社の創建1250年を記念した展示「伝説の名刀たち」(国宝殿で3月26日まで)で一般公開される。【中津成美】

情報源:春日大社:最古級の日本刀「古伯耆物」 平安時代末期 | ニコニコニュース

情報源:<春日大社>最古級の日本刀「古伯耆物」 平安時代末期 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

情報源:春日大社:最古級の日本刀「古伯耆物」 平安時代末期 – 毎日新聞


最古級の日本刀と推定される古伯耆=22日午後、奈良市の春日大社、筋野健太撮影

奈良・春日大社が所蔵する太刀について、12世紀の平安時代後期につくられた「古伯耆(こほうき)」と呼ばれる最古級の日本刀だったことが分かった。春日大社が22日発表した。平安時代から武家に伝わる「伝家の宝刀」が、南北朝~室町時代初め(14~15世紀)に大社に奉納されたとみられ、日本刀の歴史を考える上で重要な資料として注目される。

日本の刀剣は、古代遺跡での出土品や正倉院宝物などにみられる反りのない「直刀」から、平安後期に反りなどの付いた現在の日本刀の形が成立。伯耆国(現鳥取県中西部)で作られた「古伯耆」などが最初期のものとされる。

刀は無銘で、刃の長さが82・4センチ。鞘(さや)などの外装は南北朝~室町時代に作られた黒漆山金作太刀拵(くろうるしやまがねづくりたちこしらえ)とされる。大社によると、刃文の特徴などから古伯耆の中でも最古とみられる刀工「安綱(やすつな)」の作の可能性がある。このほかに古伯耆は十数点の国宝・重要文化財がある。東京国立博物館の酒井元樹主任研究員(日本工芸史)は「これだけ長寸の古伯耆で、外装も残っているのは珍しい」と話す。

太刀は1939(昭和14)年、宝庫天井裏から発見された12振りのうちの1振り。刀身がさびていたので詳細が不明だったが、2016年度から第60次式年造替(しきねんぞうたい)を記念して研磨したことで詳細が判明した。

刀は30日から、春日大社国宝殿で展示される。3月26日まで。問い合わせは大社(0742・22・7788)へ。(宮崎亮)

情報源:奈良・春日大社に最古級の日本刀 平安後期「安綱」作か (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

情報源:奈良・春日大社に最古級の日本刀 平安後期「安綱」作か:朝日新聞デジタル


最古級の日本刀と推定される古伯耆=22日午後、奈良市の春日大社、筋野健太撮影

戦前、奈良・春日大社の宝庫の天井裏で発見された太刀が、約80年たって、さびを落として修理を施したところ、最古級の日本刀だったことが分かった。刀身は12世紀の平安時代後期の作とみられるが、鞘(さや)や柄(つか)などの外装は14~15世紀に作られた可能性が高い。そんな貴重な刀が、なぜ天井裏で保管されてきたのか。

情報源:最古級の日本刀、なぜ天井裏に?春日大社、80年前発見:朝日新聞デジタル


最古級の日本刀とわかった春日大社の太刀(22日、奈良市で)=横山就平撮影

約80年前に春日大社(奈良市)の宝庫の天井裏から見つかった太刀を研磨したところ、平安時代後期(12世紀)に作られた最古級の日本刀と判明したと、同大社が22日、発表した。

専門家は「制作当初の刃が残っており、刀剣史上、貴重だ」としている。

日本の刀剣は古代、反りのない直刀だったが、平安時代後期、反りなどの特徴を備えた日本刀が成立したとされる。

今回の太刀(刃渡り82・4センチ)は1939年に天井裏から見つかった刀12本のうち1本。さびに覆われ、詳細は不明だった。鑑定の結果、無銘だったが、刃に表れた模様などから、最初期に伯耆(ほうき)(現・鳥取県西部)で作られた「古伯耆物」と判断した。豊臣秀吉らが所有した「童子切(どうじきり)」(国宝)で知られる刀匠・安綱(やすつな)作の可能性があるという。太刀は30日~3月26日、同大社国宝殿で展示される。

情報源:最古級の日本刀だった…春日大社・天井裏の1本 (読売新聞) – Yahoo!ニュース

情報源:最古級の日本刀だった…春日大社・天井裏の1本 : カルチャー : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


ほぉ・・・