【全豪テニス】ジョコビッチが敗れる波乱

ジョコビッチの怪我を加味してもすげぇな・・・


ジョコビッチを破った21歳のチョン
画像提供: ゲッティ イメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は8日目の22日、男子シングルス4回戦が行われ、世界ランク58位のチョン・ヒョン(韓国)が第14シードのN・ジョコビッチ(セルビア)を7-6 (7-4), 7-5, 7-6 (7-3)のストレートで破り、韓国史上初の四大大会ベスト8進出を果たす快挙を成し遂げた。

>>錦織らニューポートビーチCH対戦表<<

>>錦織 復帰初戦1ポイント速報<<

>>全豪オープン対戦表<<

昨年11月に行われた21歳以下最終戦 ネクスト・ジェネレーションATPファイナルズ(イタリア/ミラン、室内ハード)の初代王者に輝いたチョンは、今大会3回戦で第4シードのA・ズベレフ(ドイツ)をフルセットで破り、16強へ進出していた。

4回戦で待っていたのは、これまで全豪オープンを6度制している元王者のジョコビッチだった。

この日、21歳のチョンは右肘の治療を受けるジョコビッチに対して自身のプレーを貫き、正確なストロークで主導権を握った。第3セットのマッチポイントではジョコビッチのバックハンドがアウトし、3時間21分の激闘に終止符が打たれた。

試合後のインタビューで、チョンは「どうやって勝ったのか覚えていない。第3セットを落としても、まだ2つのセットがある。僕は若いから、スタミナは残っている」とコメントした。

続けて「子どもの頃からノヴァーク(ジョコビッチ)をコピーしようとしていた」と笑顔で述べ、観客の笑いを誘った。

これまでは昨年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)3回戦進出が四大大会の自己最高成績だったチョンは「信じられない。夢が現実になった」と述べた。

準々決勝でチョンは、ノーシードから勝ち上がってきた世界ランク97位のT・サングレン(アメリカ)と対戦する。サングレンは4回戦で第5シードのD・ティーム(オーストリア)をフルセットで下しての勝ち上がり。

チョンは「ゆっくり休んで、次の試合に備えた」と意気込んだ。

情報源:快挙、韓国史上初の四大大会8強「信じられない」 21歳チョンがジョコビッチ撃破<男子テニス> (tennis365.net) – Yahoo!ニュース

情報源:快挙 韓国史上初の四大大会8強 – テニス365 | tennis365.net


4回戦敗退となったジョコビッチ
画像提供: ゲッティイメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は8日目の22日、男子シングルス4回戦が行われ、第14シードのN・ジョコビッチ(セルビア)は世界ランク58位のチョン・ヒョン(韓国)に6-7 (4-7), 5-7, 6-7 (3-7)のストレートで敗れ、2年ぶりのベスト8進出とはならなかった。

>>錦織らニューポートビーチCH対戦表<<

>>全豪OP 男子対戦表<<

この試合、7本のダブルフォルトを犯すなど自身のサービスゲームで苦戦したジョコビッチは、タイブレークの末に第1セットを落とす。その後は、メディカルタイムアウトを要求し、トレーナーから足と右肘の治療を受けた。

第2セットもチョンのペースで試合が進み、2度のブレークを許したジョコビッチはセットカウント0-2の崖っぷちに立たされる。第3セットでは第1ゲームでブレークに成功したが、第2ゲームですぐにブレークバックされると、最後はタイブレークで力尽き、ストレートで敗れた。

ジョコビッチは今大会、1回戦で世界ランク63位のD・ヤング(アメリカ)、2回戦で同39位のG・モンフィス(フランス)、3回戦で第21シードのA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)を下して4回戦まで駒を進めていた。

右肘の回復が間に合わず、開幕戦のカタール・エクソンモービル・オープン(カタール/ドーハ、ハード、ATP250)を欠場したジョコビッチは、エキシビジョン クーヨン・クラシック(オーストラリア/クーヨン、ハード)で約6カ月ぶりの実戦を白星で飾った。

全豪オープンでは過去6度の優勝を誇るが、昨年は2回戦で当時世界ランク117位のD・イストミン(ウズベキスタン)に敗れる波乱に見舞われていた。

一方、勝利したチョンは準々決勝で、世界ランク97位のT・サングレン(アメリカ)と対戦する。サングレンは4回戦で第5シードのD・ティーム(オーストリア)をフルセットで下しての勝ち上がり。

情報源:ジョコビッチ 復帰の全豪OPは4回戦敗退、右肘の治療受ける<男子テニス> (tennis365.net) – Yahoo!ニュース

情報源:ジョコ 全豪OP4回戦敗退 – テニス365 | tennis365.net


テニスの全豪オープン第8日は22日、メルボルンで行われ、女子シングルス4回戦で大坂なおみ(日清食品)は世界ランキング1位の第1シード、シモナ・ハレプ(ルーマニア)に3-6、2-6で敗れ、日本勢で2000年大会8強の杉山愛以来18年ぶりの準々決勝進出はならなかった。シングルスの日本勢は全て敗退した。

男子ダブルス3回戦で国別対抗戦デビス杯の日本代表経験があるマクラクラン・ベンとヤンレナルト・シュトルフ(ドイツ)のペアはパブロ・カレノブスタ、ギリェルモ・ガルシアロペス組(スペイン)を6-4、7-6で破り、日本勢で1965年大会8強の渡辺康二、石黒修組以来の準々決勝進出を果たした。

女子ダブルス3回戦で第11シードの青山修子(近藤乳業)楊ショウケン(中国)組は第6シードのガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)徐一ハン(中国)組に6-7、1-6で屈した。

男子シングルス4回戦で6度優勝のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が鄭現(韓国)に6-7、5-7、6-7で敗れる波乱があった。2連覇を目指すロジャー・フェデラー(スイス)は順当勝ちした。(共同)

大坂なおみの話

「相手は世界1位の選手だし、本当にいいプレーをされた。もっと中に入って攻められたら良かった。自信を持てた部分もあるし、次の四大大会ではもっといいプレーがしたい」

情報源:ジョコビッチが敗れる波乱 マクラクラン組が準々決勝進出/テニス – スポーツ – SANSPO.COM(サンスポ)


女子シングルス4回戦で、第1シードのシモナ・ハレプに敗れた大坂なおみ(22日、メルボルン)=ロイター

【メルボルン=共同】テニスの全豪オープン第8日は22日、メルボルンで行われ、女子シングルス4回戦で大坂なおみ(日清食品)は世界ランキング1位の第1シード、シモナ・ハレプ(ルーマニア)に3―6、2―6で敗れ、日本勢で2000年大会8強の杉山愛以来18年ぶりの準々決勝進出はならなかった。シングルスの日本勢は全て敗退した。

男子ダブルス3回戦で国別対抗戦デビス杯の日本代表経験があるマクラクラン・ベンとヤンレナルト・シュトルフ(ドイツ)のペアはパブロ・カレノブスタ、ギリェルモ・ガルシアロペス組(スペイン)を6―4、7―6で破り、日本勢で1965年大会8強の渡辺康二、石黒修組以来の準々決勝進出を果たした。

女子ダブルス3回戦で第11シードの青山修子(近藤乳業)楊●●(かねへんにりっとう、火へんに宣、中国)組は第6シードのガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)徐一●(たまへんに番、中国)組に6―7、1―6で屈した。

男子シングルス4回戦で6度優勝のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が鄭現(韓国)に6―7、5―7、6―7で敗れる波乱があった。2連覇を目指すロジャー・フェデラー(スイス)は順当勝ちした。

情報源:ジョコビッチが敗れる波乱 全豪テニス (写真=ロイター) :日本経済新聞


全豪オープン男子単4回戦で鄭現(左)に敗れ健闘をたたえ合うノバク・ジョコビッチ=22日、メルボルン(ロイター)

テニスの全豪オープン第8日は22日、メルボルンで行われ、男子シングルス4回戦で6度優勝のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が鄭現(韓国)に6-7、5-7、6-7で敗れる波乱があった。2連覇を目指すロジャー・フェデラー(スイス)は順当勝ちした。(共同)

全豪オープン男子単4回戦で鄭現(左)に敗れたノバク・ジョコビッチ=22日、メルボルン(ロイター)
全豪オープン男子単4回戦でノバク・ジョコビッチを破りガッツポーズをする鄭現=22日、メルボルン(AP)

情報源:【全豪テニス】ジョコビッチが敗れる波乱 – 産経ニュース


韓国の鄭現=(聯合ニュース)

【ソウル聯合ニュース】テニスの全豪オープン第8日は22日、メルボルンで行われ、韓国の鄭現(チョン・ヒョン、21)が男子シングルス4回戦で、元世界1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)に7-6、7-5、7-6で勝利し、8強入りした。四大大会で韓国勢の8強入りは初めて。

8強ではテニス・サンドグレン(米国)と対戦する。

情報源:韓国の鄭現がジョコビッチに勝利 韓国勢初の8強入り=全豪テニス


ふむ・・・