ストレスでがん発症リスク高まる

国立研究センター:ストレス多い男性、がんリスク2割増

ほぉ・・・


  • 19日、国立がん研究センターがストレスとがんに関する研究結果をまとめた
  • ストレスが高いと感じている男性は、がんのリスクが2割高まるとの結果
  • 特に肝がん、前立腺がんが多いそうで、女性では関連がみられなかった

ストレスが高いとがんを発症するリスクが高まることが、国立がん研究センターの研究で分かった。

1990年に開始されたこの研究は、約8万人を対象に行われ、最初とその5年後にストレスがどのくらいあるかアンケートを実施し、がん発症の有無との関連を調べたもの。

対象者を約18年間追跡した結果、約1万2500人ががんを発症していたが、男女ともに2回のアンケート両方で、「ストレスが高い」と答えた人は、2回とも「低い」と答えた人に比べて、がんを発症するリスクが11%高くなっていた。

ストレスとの関連は特に男性で強くみられ、臓器別では、肝がんと前立腺がんで特にリスクが高まった。

国立がん研究センターは、「がんを防ぐためにも、ストレスを解消するものを見つける必要がある」と話している。

情報源:ストレスでがん発症リスク高まる(日本テレビ系(NNN)) – Yahoo!ニュース

情報源:ストレスでがん発症リスク高まる|日テレNEWS24ストレスでがん発症リスク高まる|日テレNEWS24


ストレスが多い状態が続いている男性は、ストレスが少ないと感じている男性に比べて、がんの発症リスクが約20%高いとする研究結果を、国立がん研究センターが19日、まとめた。全体では約10%高くなった。ストレスとがんとの関係を長期間、大規模に調べた結果が出るのは世界的にも初めてという。

調査は全国9府県の40~69歳の男女を対象に実施。1990~94年に「日常受けるストレスは多いと思うか」と質問し、「少ない」「普通」「多い」のいずれかで回答を得た。5年後に同じ質問をし、回答した約8万人を平均で18年追跡。ストレスの感じ方とがん発症との関係を分析した。

2回の調査で、いずれもストレスが多いと回答した人は、いずれも少ないと答えた人より、がんになるリスクが約10%高かった。男性は約20%高くなったが、女性ではストレスとの明確な関係がみられなかった。がんの種類では、肝臓がんと前立腺がんでストレスとの関連が強かった。

研究グループは、男性は仕事によるストレスが多いことや、女性よりもストレスの影響を受けやすい可能性があるとしている。がんのリスクを高める喫煙や飲酒など生活習慣の影響を除いて分析しており、同じ多量飲酒者や喫煙者の中でもストレスが多い人の方ががんのリスクが高かった。

長期間続くストレスは、がんの発症に関連するといわれてきたが、そのメカニズムは分かっていない。同センターの井上真奈美・コホート連携研究部長は「一つの研究結果ではあるが、強いストレスを感じて過ごすのはよくないと考えられ、ストレス解消の方法を見つけるのがよいだろう」と話している。【下桐実雅子】

情報源:<国立研究センター>ストレス多い男性、がんリスク2割増 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

情報源:国立研究センター:ストレス多い男性、がんリスク2割増 – 毎日新聞


長期にわたり高いストレスを感じている男性は、感じていない男性に比べてがんになるリスクが2割高くなる-。国立がん研究センターなどのチームが19日までに論文にまとめた。

チームは40~69歳の男女7万9301人を1990~2012年に平均17.8年追跡調査した。

本人が自覚しているストレスの程度について、調査開始時と5年後に質問。2回とも多いと回答した男性は、2回とも少ないとした人たちに比べ、がんになるリスクが19%高くなっていた。1回目は少ないか中程度だったのに2回目に多くなっていた人たちのリスクは、2回とも少ない人たちに比べ20%高かった。男女合わせると、それぞれ11%、9%高くなった。

約8万人のうち、がんになったのは1万2486人。特に肝臓と前立腺でストレスによるリスクの増加が見られた。

チームによると、ストレスががんになる危険性を高めるとの研究はあるが、長期にわたる大規模調査を基にした報告は初めて。ストレスによる免疫機能低下などの可能性が考えられるという。 (C)時事通信社

(2018/01/20 00:37)

情報源:ストレスで2割増か=男性のがんリスク―国立がんセンター (時事通信) – Yahoo!ニュース

情報源:ストレスで2割増か=男性のがんリスク-国立がんセンター|時事通信ニュース|時事メディカル


ストレスが高いと長期的に感じている男性はそうでない男性に比べがんにかかるリスクが2割高まるとの研究結果を19日、国立がん研究センター(東京)がまとめた。部位別では肝がん、前立腺がんでストレスの影響が強くみられた。喫煙や飲酒などがんのリスク要因となる生活習慣の影響が排除しきれないことから、センターは「今後、さらなる検討が必要だ」としている。

研究は全国10カ所の保健所管内の40~69歳の男女約8万人を対象に、平成2年以降の研究参加時と5年後の2回、日ごろ感じているストレスについて答えてもらい、ストレスのレベルを「低」「中」「高」の3グループに分けた。さらに平均で13年間、健康状態を追跡し、長期的なストレスレベルの変化とがん罹患の関連を検討した。

その結果、調査開始時と5年後のストレスがいずれも高かった男性のグループが、いずれも低かった男性のグループより1・19倍、がんになるリスクが高かった。ストレスが多い人は特に肝がん、前立腺がんが多かった。女性ではストレスとがんの関連はみられなかった。研究結果は、英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表した。

情報源:ストレスががんリスク高める? がんセンターが疫学調査発表 (産経新聞) – Yahoo!ニュース

情報源:ストレスががんリスク高める? がんセンターが疫学調査発表 – 産経ニュース


ふむ・・・