ALFEEの(左から)桜井賢、坂崎幸之助、高見沢俊彦

THE ALFEE「大阪国際女子マラソン」テーマ曲は今年が最後

へぇ・・・


関西テレビの福井澄郎社長が19日、大阪市内で新春会見を行い、ロックバンド「THE ALFEE」がこれまで30年以上にわたって手がけてきた「大阪国際女子マラソン」のテーマソングについて、28日に行われる第37回大会が最後となることを発表した。

THE ALFEEは1987年の第6回大会から30年以上にわたり同マラソンのテーマソングを手がけてきた。福井社長は「ALFEEの皆さんには31曲作っていただいて感謝してもしきれない」と感謝。一方で「マラソンも東京五輪に向けて、選考方法も変わり、次の世代をにらんだ段階に入ってきた。番組の方も少しずつ作りを替えて、新しい中継の仕方を模索していきたい」とし、「次のステップに進むためにここで一区切りつけさせていただいた」と説明した。

同局では22日に「THE ALFEEが奏でた42・195kmの旋律」(深夜1・28、関西ローカル)を放送。THE ALFEEの3人がこれまでの歩みを振り返りながら、テーマソングに込めた想いなどを振り返る。

情報源:ALFEE、今年が最後…30年以上続いた大阪国際女子マラソン」テーマ曲 (デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

情報源:ALFEE、今年が最後…30年以上続いた大阪国際女子マラソン」テーマ曲/芸能/デイリースポーツ online


関西テレビの福井澄郎社長(69)が19日、大阪市内で新春社長会見を行い、同局が中継する「第37回大阪国際女子マラソン」(28日・正午)をもって、3人組ロックバンド「THE ALFEE」のテーマ曲を手がけるのが最後になると明らかにした。

同バンドは、1987年の第6回大会から、阪神・淡路大震災により休止した95年を除いて毎年テーマ曲を書き下ろしており、大会の象徴ともいえる存在だった。31曲目となる今大会のテーマ曲のタイトルは「勇気凜々」で、この曲がラストとなる。

福井社長は「アルフィーの皆さんには、大変感謝している。大会として次のステップに進むために、一区切りをつけるということ」と説明。「東京五輪に向けて代表の選考方法も変わってきており、うちとしても番組の作り方を変えていかないといけない」とした。なお、次年度大会から新たなアーティストを起用するなど、詳細については「そこまではまだ考えていない」と話した。

大会前には22日放送の特番「THE ALFEEが奏でた42・195kmの旋律」(深夜1時28分、関西ローカル)でこれまでの歩みを振り返り、テーマ曲に込めてきた思いを伝える。高見沢俊彦(63)は「(大会が)より感動的に見られて、映画のワンシーンを見ているような感じでした。すごく新しいコラボが生まれたような気がしました」と、初めてテーマ曲を制作した第6回大会を振り返っている。

情報源:THE ALFEE「大阪国際女子マラソン」テーマ曲は今年が最後 (スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

情報源:THE ALFEE「大阪国際女子マラソン」テーマ曲は今年が最後 : スポーツ報知


残念。