ハワイで北朝鮮ミサイル発射と携帯に誤配信

ハワイで北朝鮮ミサイル発射と携帯に誤配信 | NHKニュース

えぇ・・・


アメリカ・ハワイ州で日本時間の14日午前3時すぎ、北朝鮮からハワイに向かってミサイルが発射された際に住民や観光客に対して避難を呼びかける警報メッセージが誤って携帯電話に送られ、一部の住民らが避難を始めるなどパニックになりました。これまでのところ誤作動の原因はわかっておらず州当局が調査を進めています。

ハワイ州で現地時間の13日午前8時7分、日本時間の14日午前3時7分、北朝鮮からハワイに向かってミサイルが発射された際に住民や観光客に対して避難を呼びかける警報メッセージが携帯電話に送られました。

メッセージでは、「ハワイへの弾道ミサイルの脅威。すぐに身を隠してください。これは訓練ではありません」との内容で緊急の対応を呼びかけました。

その後、このメッセージの配信は誤作動だったことがわかり、最初のメッセージが出てから38分後に「ハワイへのミサイルの脅威や危険はありません。誤作動です」というメッセージが送られました。

このメッセージは、ハワイ州内で携帯電話に強制的に送られる仕組みでメッセージを受けて住民や観光客が一時、避難を始めるなどパニックになったということです。

また、ロイター通信によりますとトランプ大統領は南部フロリダ州でゴルフをしていましたが、警報を受けて中断したということです。

ハワイ州当局は、NHKの取材に対して「現時点では誤作動の原因はわかっておらず調査を進める」としています。

ハワイ総領事館「誤報と確認」

ハワイのホノルルにある日本総領事館によりますと、北朝鮮からハワイに向かってミサイルが発射された際に住民や観光客に対して避難を呼びかけるアラームのメッセージが携帯電話に送られた直後から、総領事館に事実関係の問い合わせの電話が相次いだということです。問い合わせに対し、総領事館では、「事実関係を確認していて、テレビやラジオなどの情報に注意してほしい」と回答したということです。

そして、アラームのメッセージが携帯電話に一斉に送られてから、およそ1時間後に、ハワイ州当局から「誤報だった」という確認が取れたということで、これを受けて、総領事館では、事前に連絡先を届け出ているハワイ在住の日本人や旅行に訪れている人たち向けに改めて「誤報と確認が取れた」という内容のメールを送ったということです。

総領事館によりますと、今のところ、ハワイ在住の日本人の間での、大きな混乱などの情報は入っていないということです。

携帯見て声を上げる人も

当時、ホノルルの自宅にいたクコヌ・リツコさんは、「携帯電話からブーブーと大きな音が鳴ってとてもびっくりしました。外を歩いている人も携帯を見てワーと声を上げていました。現地のテレビではファーマーズマーケットが一時中断したり、屋内に逃げようとして赤信号で道路を渡る人がいたりしたことなどが報道されています。ハワイの友人たちからは日本の気持ちがとてもよく分かったと言われました」と話していました。

また、アメリカのラスベガスから日本に帰国するため乗り継ぎでホノルルの空港にいた会社員の男性によりますと、空港内でも緊急警報のアナウンスが流れましたが、パニックなどは起きず、落ち着いた様子だったということです。

男性は「当時、朝食をとっていて、周りの人たちも食べるのをやめ、何かがあった時に備えている感じでした。空港の職員は落ち着いた対応をしていて、アナウンスも通常通りだったため、誤報だという雰囲気はありました」と話していました。

情報源:ハワイで北朝鮮ミサイル発射と携帯に誤配信 | NHKニュース


マジか。