「阪大の解答例で良い」 外部からの指摘、何度もスルー:朝日新聞デジタル

ふむ・・・


大阪大の昨年の入試で出題と採点に誤りがあり、本来合格の30人が不合格とされ、10カ月後に追加合格になった問題。誤りの可能性を指摘する声が3回にわたり外部から寄せられたが、大学が動いたのは3回目の指摘以降だった。指摘はなぜ生かされなかったのか。(沢木香織、長富由希子)

「別の解答が存在する可能性はないか」。昨年6月、阪大豊中キャンパスで開かれた「物理教育を考える会」で、同2月に実施した一般入試前期日程の理科(物理)の問題について、複数の参加者から阪大の解答に疑問が投げかけられた。会は近畿の大学入試問題について意見交換する場で、大学や高校の教員、塾講師ら約50人が集った。

会に参加した駿台予備学校の物理講師、古大工(こだいく)晴彦さん(56)も「解答が間違っている」と指摘したが、問題作成者は「阪大の解答例で良いと思います」と回答したという。

駿台予備学校は昨年2月25日の入試直後にホームページで公開した解答速報で、古大工さんを中心に検討した阪大とは別の解答を掲載。同9月発行の大学入試完全対策シリーズでも阪大とは異なる解答を掲載し、解説した。

昨年8月には東京都内の予備校講師、吉田弘幸さん(54)が阪大に対し、メールで「問題設定に不自然さがある」と指摘した。阪大からは一度は阪大としての解答を知らせるメールが届いたが、吉田さんが再度指摘した「理論的な誤りがある」とのメールには返信がなかった。

阪大によると、6月の指摘は大学内で共有されなかったという。8月の指摘は入試課が把握したが、内容は問題を作成した責任者、副責任者だけで検討したといい、阪大は「2人は自分たちの解答が正しいと強く思っていた」と説明する。

ログイン前の続き結局、12月に別の「物理に造詣(ぞうけい)の深い」(阪大の説明)という人からの指摘を受けて初めて別の教員も加わって検討したという。

阪大では4月以降、申し出があれば、問題と解答例の閲覧や開示に応じている。8月に指摘をした吉田さんは「試験直後に解答例を公表すれば、外部の目に触れミスの発見が早くなるのでは」と指摘した。

事故や災害に関わる人間のミスを研究している「日本ヒューマンファクター研究所」の桑野偕紀(ともき)所長は、問題作成段階、外部の指摘を受けた段階の双方で「我々が間違えるはずはない」との心理に陥っていたのではないか、と指摘する。

阪大は10人の教員が十数回会議をして問題を作りチェックを重ねたとしているが、桑野所長は「いくら会議やチェックを重ねても、『ひょっとしたら』という視点を持たなければミスの発見が難しい」という。入試に限らずどんな人にも起こり得るとし、「人間はミスがあることを前提としたシステムを、大学が構築することが必要だ」と話した。

ミス、他大学でも相次ぐ

追加合格をともなう入試ミスは、過去にも繰り返され、各大学は追加合格者に補償をしてきた。阪大でも不合格にならなければかからなかった費用を補償し、慰謝料の支払いもする方針。転入学者のうち申し出があれば、入学料(約28万円)と授業料(約54万円)の納付を一定期間猶予することも検討するという。

阪大に誤って不合格とされ、別の大学に通う男性(20)は、朝日新聞の取材に「阪大に入学する予定はない」と答えた。現在の大学で人間関係ができ、やりたいことができる学部に入れたことも踏まえ「阪大に行くメリットよりデメリットが大き過ぎる」という。

1997年度と98年度の入試で採点ミスがあった富山大は、2年間ミスを隠蔽(いんぺい)した上で2001年6月、16人を誤って不合格にしていたと公表。人文学部の教員がお金を出して作った基金から、学生に各20万円の「おわび金」を支出。希望者については、学期途中の7月に入学できるようにした。

同時期には、山形大で97~01年度の入試で本来合格だった428人が不合格となるミスが明らかになるなど、複数の大学でミスが発覚。文部科学省によると、当時は国立大学法人化前で、国から不合格によってかかった費用のほか、一律20万円の慰謝料を支払った。

問題作成・点検態勢強化へ

今回の問題を受け、阪大では、対応の経緯を検証する委員会の設置を検討している。阪大は「外部からの指摘に、組織的に対応する仕組みがなかった」と分析。今後、指摘があった場合は、問題作成者以外の人を含むメンバーで共有して検討する「出題検証委員会」を設置する方針だ。

問題作成とチェック態勢も強化するといい、入試直後に予備校が公表する解答速報を参考にすることも検討している。

大学入試に詳しい桜美林大の田中義郎教授(教育学)は「昨年6月の時点で対応していれば、秋の転入学に間に合った可能性がある」とし、再発防止策として「外部の指摘には、作問や採点に関わらない教員らが対応するという役割を明確にすれば、ミスは最小限に抑えられるのでは」と話した。

ミス発覚の経緯(→は外部の指摘に対する対応)

2017年

2月25日 一般入試前期日程で試験

3月9日 合格発表

4月以降 阪大は入試問題と解答について、申し出をした個人には閲覧、組織には文書で開示を始める

6月10日 「物理教育を考える会」で指摘

→会に出席していた問題作成責任者が「阪大の解答が正しい」と回答

8月9日 予備校講師が阪大にメールで指摘

→問題作成責任者と副責任者が協議し、阪大入試課から阪大の解答のみが書かれた返信

講師が再度指摘するも阪大の返信はなし

12月4日 別の外部の人物から指摘

→問題作成責任者、副責任者のほか教員4人が加わり検討

12月21日 問題の採点のやり直し開始

12月27、28日 合格者判定のやり直し

2018年

1月6日 新合格者を決定、通知

情報源:「阪大の解答例で良い」 外部からの指摘、何度もスルー (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

情報源:「阪大の解答例で良い」 外部からの指摘、何度もスルー:朝日新聞デジタル


なんだかなぁ・・・