「Windows 10 Fall Creators Update」がすべてのデバイスで利用可能に/「Anniversary Update」「Creators Update」ならば“Windows Update”経由で更新可能

ふむ・・・


「Anniversary Update」「Creators Update」ならば“Windows Update”経由で更新可能

公式ブログ“Windows Experience Blog”
公式ブログ“Windows Experience Blog”

米Microsoftは11日(現地時間)、「Windows 10 Fall Creators Update(バージョン 1709)」が全世界、すべての互換デバイスで利用可能になったことを発表した。

「Fall Creators Update」は互換性の確認が取れたデバイスから段階的に配信を拡大してきたが、今後は「Anniversary Update」(バージョン 1607)および「Creators Update」(バージョン 1703)をインストールしている環境であれば、“Windows Update”経由で配信を受けられるようになる。インストールの準備ができるとアップデートの通知が行われる仕組みで、その際、すぐにOSを再起動してアップデート適用するか、あとでリマインドするか、再起動を行う日時を指定することが可能。年2回の機能アップデートの適用には、毎月配信される品質アップデートよりも長い時間がかかるので、都合のいいタイミングを選択したい。

なお、「Windows 10」の古いバージョンを利用している場合は、ダウンロードサイトから更新アシスタントツールやメディア作成ツールを入手して、手動でアップデートを行う必要がある。

関連リンク

情報源:「Windows 10 Fall Creators Update」がすべてのデバイスで利用可能に/「Anniversary Update」「Creators Update」ならば“Windows Update”経由で更新可能


ほぉ・・・