香川の養鶏場のニワトリから鳥インフル検出 処分へ

香川の養鶏場のニワトリから鳥インフル検出 処分へ | NHKニュース

ふむ・・・


10日、香川県さぬき市の養鶏場でニワトリ50羽余りが死んでいるのが見つかり、詳しい検査の結果、「H5型」の鳥インフルエンザウイルスが検出されました。香川県は、関連の養鶏場も含めおよそ9万1000羽のニワトリを処分することにしています。

10日、香川県さぬき市の養鶏場で食肉用のニワトリ55羽が死んでいるのが見つかり、簡易検査の結果一部から鳥インフルエンザの陽性反応が出たため、県はウイルスの遺伝子を調べる詳しい検査を行いました。

その結果、11日夜、「H5型」の鳥インフルエンザウイルスが検出されたということです。香川県は、関連の養鶏場も含めおよそ9万1000羽のニワトリを処分することにしています。

また香川県は、この養鶏場から半径3キロ以内をニワトリや卵の移動を禁止する「移動制限区域」に、半径10キロ以内をその地域からの出荷を禁止する「搬出制限区域」に、それぞれ指定することにしています。

飼育された鳥での鳥インフルエンザの確認は四国では初めてで、全国では今シーズン初めてです。

首相 迅速な防疫措置など指示

安倍総理大臣は11日夜、関係省庁に対し、家きん業者に厳重な警戒を要請するとともに、予防措置について適切な助言を行うこと、現場の情報をしっかり収集すること、鳥インフルエンザと考えられる家きんが確認された場合、農林水産省はじめ関係各省が緊密に連携し、徹底した防疫措置を迅速に進めること、国民に対して正確な情報を迅速に伝えることの4点を指示しました。
政府は、香川県さぬき市の養鶏場のニワトリから鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受けて、午後10時35分、総理大臣官邸の危機管理センターに「情報連絡室」を設置し、現地の自治体などと連絡を取り合って、情報収集にあたっています。

情報源:香川の養鶏場のニワトリから鳥インフル検出 処分へ | NHKニュース


ハァ・・・