カミキリムシの照り焼き、セミ親子の串揚げ…昆虫食の普及目指す 内山昭一さん 幼いころは、蚕のさなぎのつくだ煮も

進んで食べたくはないなぁ・・・


カミキリムシの照り焼き、セミ親子の串揚げ…。東京で毎月開く昆虫料理研究会は150回を超え、メニューも豊富だ。今年の目標は会のNPO法人化と6冊目の著書出版。「自然は巨大なレストラン」と柔和な表情で語り、多くの人を虫のおいしさに目覚めさせた。

昆虫食文化がある長野出身。幼いころは、絹糸を取った後の蚕のさなぎのつくだ煮が食卓に上がった。

疎遠になった昆虫食に再デビューするのは、東京で会社員をしていた40代後半。平成10年、自宅近くの多摩動物公園であった食用昆虫展に感銘を受け、河原で捕まえたトノサマバッタをその場で素揚げにした。「取れたて、揚げたてのおいしさに人生が変わった」

その後は「虫グルメ」の道へ一直線。公園や雑木林に分け入り、五感を研ぎ澄ませて食材を捕獲。自宅で養殖にも励む。蚕のさなぎも、ゆでずに繭のまま保存された物はクリーミーな味わいで感動した。

昆虫食の普及を目指す内山昭一さん
昆虫食の普及を目指す内山昭一さん

情報源:カミキリムシの照り焼き、セミ親子の串揚げ…昆虫食の普及目指す 内山昭一さん 幼いころは、蚕のさなぎのつくだ煮も


ふむ・・・