ポリタンク約500個が上下線に散乱 当て逃げ疑いで男逮捕

ハァ・・・


群馬県渋川市の関越自動車道で昨年12月、大型トラックから積み荷の水酸化ナトリウム入りポリタンクが散乱した事故で、県警は4日、事故に先立ち追突事故を起こし逃げたとして、道交法違反(当て逃げなど)の疑いで、前橋市高井町のとび職横坂貴司容疑者(32)を逮捕した。

高速隊によると、追突されたトラックから外れたスペアタイヤに大型トラックが乗り上げ、中央分離帯に衝突。ポリタンク約500個が上下線に散乱し、約8時間通行止めとなり、男性1人が手に軽いけがを負った。

逮捕容疑は昨年12月13日未明、関越自動車道上り線で、乗用車を運転中、トラックに追突したのに危険を防止する措置を取らず、逃走した疑い。容疑を認め「パニックになってしまった」と話している。

横坂容疑者は同日中に渋川署に出頭。裏付け捜査の過程で、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕、起訴された。

情報源:ポリタンク約500個が上下線に散乱 当て逃げ疑いで男逮捕


えぇ・・・