広島・鈴木誠也【写真:荒川祐史】

広島赤松、鈴木、阪神藤浪、巨人内海も…2018年、セ・リーグの年男たち

へぇ・・・


今年は1982年生まれ&1994年生まれが年男

2018年、年男を迎える現役のプロ野球選手は、ドラフトでの新入団選手も含め、88人いる。セ・リーグも球団ごとに、今年の年男を見ていこう。

プロ野球の現役の年男は、36歳と24歳に限定される。今年でいえば1982年生まれと、1994年生まれだ。セ・リーグには49人の年男選手がいる。

◯広島
赤松真人外野手 1982.09.06生

辻空投手 1994.04.24生
高橋大樹外野手 1994.05.11生
美間優槻内野手 1994.05.26生
鈴木誠也外野手 1994.08.18生
西川龍馬内野手 1994.12.10生
加藤拓也投手 1994.12.31生

赤松は昨年、胃がんの手術を受け全休。球団は契約を継続し、復活を支援している。広島の不動の4番・鈴木誠也、打撃で一・三塁のレギュラーを伺う西川龍馬、昨年のドラフト1位でプロ初登板であわやノーヒットノーランの活躍をした加藤拓也がいる。

◯阪神
松田遼馬投手 1994.02.08生
横山雄哉投手 1994.02.21生
板山祐太郎外野手 1994.03.27生
藤浪晋太郎投手 1994.04.12生
長坂拳弥捕手 1994.04.28生
福永春吾投手 1994.05.14生
小野泰己投手 1994.05.30生
北條史也内野手 1994.07.29生
竹安大知投手 1994.09.27生
大山悠輔内野手 1994.12.19生

36歳組はいない。24歳組が10人。藤浪晋太郎は、昨年は失意の年。今年はエース復活を期す。内野のレギュラーの座を伺う北條、主軸の期待がかかる大山、ローテ入りを狙う小野と多士済々だ。

◯DeNA
田中浩康内野手 1982.05.24生

乙坂智外野手 1994.01.06生
狩野行寿内野手 1994.07.31生
笠井崇正投手 1994.08.07生
斎藤俊介投手 1994.1.07生 ドラフト4位
神里和毅外野手 1994.1.17生 ドラフト2位
佐野恵太内野手 1994.11.28

36歳組、元ヤクルトの正二塁手・田中は移籍2年目だ。24歳組では、乙坂が打撃で売り出している。佐野恵太は昨年12月の台湾ウィンターリーグでMVP。ドラフト新入団が2人。ドラフト入団選手の1年目は高卒で19歳、大卒で23歳になる。24歳での入団は、一般的には社会人を経ての入団だ。

去就未定の元ヤクルトの大物も…

◯巨人
内海哲也投手 1982.04.29生
亀井善行外野手 1982.07.28生
マギー内野手 1982.10.12生

中川皓太投手 1994.02.24生
メルセデス投手 1994.03.08生
今村信貴投手 1994.03.15生
畠世周投手 1994.05.31生
柿澤貴裕内野手 1994.07.30生
辻東倫内野手 1994.08.11生
坂本工宜投手 1994.08.19生
アダメス投手 1994.09.27生

36歳の選手が3人。再起を期す内海。渋い働きの亀井、NPB復帰1年目で首位打者を伺う活躍をしたマギー。24歳組の8人では昨年、後半戦はローテの一角を占めたルーキーの畠がいる。

◯中日
高橋周平内野手 1994.01.18生
京田陽太内野手 1994.04.20生
柳裕也投手 1994.04.22生
溝脇隼人内野手 1994.05.17生
濱田達郎投手 1994.08.04生
山本雅士投手 1994.11.03生
大蔵彰人投手 1994.5.15生 育成ドラフト1位

36歳組はいない。24歳組では高卒1年目から大器と言われた高橋周平と、昨年の新人王・京田陽太が学年こそ違うが同じ年男。柳、濱田と楽しみな投手がいる。

◯ヤクルト
松岡健一投手 1982.06.07生
大松尚逸内野手 1982.06.16生
畠山和洋内野手 1982.09.13生

沼田拓巳投手 1994.03.04生 ドラフト8位
星知弥投手 1994.04.15生
田川賢吾投手 1994.05.22生
中尾輝投手 1994.09.14生

36歳組が3人。救援の松岡、ロッテから移籍した大松、故障がちの主軸打者・畠山。24歳組では星が昨年売り出した。

そして、去就が決まっていない大物が一人。

青木宣親外野手 1982.01.05生

安打製造機は来季、MLB、NPBどちらでプレーするのだろうか?

情報源:広島赤松、鈴木、阪神藤浪、巨人内海も…2018年、セ・リーグの年男たち (Full-Count) – Yahoo!ニュース

情報源:広島赤松、鈴木、阪神藤浪、巨人内海も…2018年、セ・リーグの年男たち


ふむ・・・