レイプ被害少女が産んだ乳児の遺体、印裁判所が掘り起こし命令

ハァ・・・


インドの首都ニューデリーで、レイプ犯の釈放に抗議する人々(2015年12月20日撮影、資料写真)。(c)AFP PHOTO / Chandan Khanna
インドの首都ニューデリーで、レイプ犯の釈放に抗議する人々(2015年12月20日撮影、資料写真)。(c)AFP PHOTO / Chandan Khanna

【1月1日 AFP】インドの裁判所は、レイプ被害者である10代少女が出産し、後に死亡した乳児の実父を調べるため、この乳児の遺体を墓から掘り起こすよう命じた。同国警察が1日、明らかにした。

警察によると14~15歳とされる少女は、昨年2月に首都ニューデリーを訪れた時に実業家の男に繰り返しレイプされたと訴えた。これを受けて警察は昨年7月に容疑者の男を逮捕。未成年者に対する性的暴行の罪で起訴した。その後、少女は昨年10月に女児を出産したが、この女児は数日後に死亡した。

だが少女が突然、レイプ被害の訴えを取り下げたことを受け、裁判所が死亡した女児の遺体掘り起こし命令を出したという。

警察の捜査官は1日、AFPに対し「DNA鑑定の実施命令に基づいて遺体の掘り起こすことになる」と語った。

インドでレイプ被害者が訴えを取り下げることは珍しくない。多くの場合、被告の知人や家族からの圧力や、金銭による示談がその理由となっている。(c)AFP

情報源:レイプ被害少女が産んだ乳児の遺体、印裁判所が掘り起こし命令 (AFP=時事) – Yahoo!ニュース

情報源:レイプ被害少女が産んだ乳児の遺体、印裁判所が掘り起こし命令


えぇ・・・