4連勝したもののタオルで目を押さえる朝青龍(C)AbemaTV

元朝青龍、元ブラジリアン柔術世界一を突き出し4連勝 相手の手が目に入り「この野郎!」

ほぉ・・・


「朝青龍を押し出したら1000万円」(31日)

AbemaTVの特別企画の第4試合で、朝青龍はブラジリアン柔術のリダ・ハイサム・アイザックに厳しい攻めで圧勝した。

前に出て来た相手に左からの出し投げで対応すると、一気に土俵際まで追いやった。最後はのど元への突きで土俵下まで追いやった。

取組で目元に指が入り、取組後もしきりに左目のあたりを気にしていた。「この中で一番いい立ち合い。目に指入っちゃって、火ついちゃった。現役時代の朝青龍にドルジが戻っちゃった。コノヤローって思っちゃった」とにこやかに語った。相手が相撲の作法に不慣れだったこともあり、「もう少しそんきょからやれれば。相撲なのでね、礼儀正しくやりたいと思います」という苦言も呈したが、「いい子なんでね」とフォローも忘れなかった。

アイザックは「横綱強かったです」とひと言。「早すぎてまったく覚えていないです」と朝青龍のスピードに舌を巻いたが、再戦については「30キロぐらい増やしてもう1回やりたいです」と意欲的だった。

情報源:朝青龍、ブラジリアン柔術使いも圧倒4連勝 目に指入り「現役時代に戻った」 (デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

情報源:朝青龍、ブラジリアン柔術使いも圧倒4連勝 目に指入り「現役時代に戻った」/スポーツ/デイリースポーツ online


元横綱朝青龍
元横綱朝青龍

大相撲の元横綱朝青龍のドルゴルスレン・ダグワドルジ氏(37)が31日、インターネットテレビ局Abema TV「朝青龍を押し出したら1000万円」に出演。第4試合で2015年ブラジリアン柔術世界大会を制したリダ・ハイサム・アイザックを突き出し、4連勝を飾った。

第1試合で元フランス外国人部隊員の久保昌弘(32)、第2試合で京大卒のインテリファイター、徳原靖也(27)、第3試合で2004年アテネ五輪柔道男子90キロ級銀メダルの泉浩(35)を退けた元朝青龍。第4試合で身長2メートル近いアイザックと顔を合わせたが、落ち着いて突き出した。取組後は「いい立ち合いだった」と充実の表情。相手の手が目に入ったこともあり、「この野郎!」と冗談を飛ばす余裕も見られた。

対戦ルールは『張り手なし』『立ち合い時の変化なし』『カチアゲなし』以外は大相撲と同じとし、力だけのぶつかり合いの勝負となる。どちらかが土俵外に足を含む体の一部分が接触した時点で勝負が決まる。土俵上の1対1の対戦とし、両者ともまわしを着用した。

情報源:元朝青龍、元ブラジリアン柔術世界一を突き出し4連勝 相手の手が目に入り「この野郎!」 (サンケイスポーツ) – Yahoo!ニュース

情報源:元朝青龍、元ブラジリアン柔術世界一を突き出し4連勝 相手の手が目に入り「この野郎!」


へぇ・・・