諫早湾 大量の淡水排出 “ノリ品質に影響”と漁業者が海上デモ | NHKニュース

ふむ・・・


諫早湾 大量の淡水排出 “ノリ品質に影響”と漁業者が海上デモ
諫早湾 大量の淡水排出 “ノリ品質に影響”と漁業者が海上デモ

長崎県の諫早湾干拓事業をめぐり、堤防内の調整池から海に大量の淡水が排出され、ノリの品質への影響が懸念されるなどとして、佐賀県の漁業者が18日、諫早湾で海上デモを行いました。

長崎県にある諫早湾干拓事業では、堤防の内側にある「調整池」と呼ばれるため池にたまった淡水を、雨の降ったあとなど不定期に有明海に排出しています。

佐賀県や漁業者側は国や排水門を管理する長崎県に対し1度に流す水の量を100万トン以下にするよう求めていますが、先月3日には1度に820万トン排水されるなどたびたび大量に排水されていて、漁業者らは18日、ノリの品質への影響が懸念されるなどとして有明海の海上でデモを行い抗議しました。

漁業者らは、漁船で堤防の前に集まり「水質浄化を」などと書かれた横断幕を掲げて計画的に排水することや、1度に排水する量を抑えるよう訴えました。

調整池からの排水をめぐっては、佐賀県の山口知事も、こまめな排水を徹底するよう国と長崎県に求めていて、佐賀県は今後、排水の明確なルールづくりや、泥を吸い上げずに排水できる「排水ポンプ」の増設などを国や長崎県に求めることにしています。

情報源:諫早湾 大量の淡水排出 “ノリ品質に影響”と漁業者が海上デモ | NHKニュース


ほぉ・・・