国産レアアースでLED、五輪に合わせ製品化へ : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

へぇ・・・


日本近海の深海底の泥に含まれる「レアアース(希土類)」を実用化する構想が浮上している。

発光ダイオード(LED)の材料に国産レアアースを使うという取り組みだ。官民一体となって、2020年東京五輪・パラリンピックに合わせた製品化を目指す。

レアアースは日本最東端にある小笠原諸島・南鳥島(東京都)周辺の水深5000メートル超の深海泥に高濃度で含まれる。埋蔵量は国内需要の200年分以上とされ、「日本が資源大国になれるチャンス」(政府関係者)とされる。

加藤泰浩・東大教授らの研究グループは今年、南鳥島沖で採取した泥からレアアースの「イットリウム」と「セリウム」を精製して蛍光体とし、白色LEDを作ることに成功した。

東大の加藤教授らが開発した南鳥島沖のレアアースを使ったLED
東大の加藤教授らが開発した南鳥島沖のレアアースを使ったLED
深海に高濃度レアアースが確認されている海域
深海に高濃度レアアースが確認されている海域

情報源:国産レアアースでLED、五輪に合わせ製品化へ(読売新聞) – Yahoo!ニュース

情報源:国産レアアースでLED、五輪に合わせ製品化へ : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


ほぉ・・・