キリスト教団体で性的虐待、被害4千人超 豪政府が調査:朝日新聞デジタル

ふむ・・・


シドニーで14日、性的虐待を受けた子どもからの手紙をまとめた本を読むターンブル豪首相(右)ら=AFP時事
シドニーで14日、性的虐待を受けた子どもからの手紙をまとめた本を読むターンブル豪首相(右)ら=AFP時事

オーストラリアで、キリスト教関連団体で性的虐待を受けた被害者が、存命の人だけで4千人以上いる。豪政府の独立調査委員会が発表した報告書で、こうした実情が分かった。中でも約2500人がローマ・カトリック教会で被害を受けていた。調査委は「カトリック聖職者の独身主義」を問題の一因と指摘し、改革を求めた。

豪州では1990年代から、キリスト教会などでの子どもの性被害事件が問題化。豪政府は2013年1月に独立調査委を設け、教会以外の、子どもがかかわる様々な団体にも対象を広げて、過去90年分にわたって調査を進めてきた。

調査委は15日、性虐待の経験を7981人から聞きとったと発表。報告書によると、分析済みの6875人のうち4029人が宗教関連団体で被害を受け、カトリック教会が2489人、英国国教会が594人など、ほとんどがキリスト教関連。10代前半で被害にあうケースが多く、存命者の64・3%が男性だった。

カトリック系の学校で修道士に襲われた経験を語るダミアン・デマーコさん=キャンベラ近郊、小暮哲夫撮影
カトリック系の学校で修道士に襲われた経験を語るダミアン・デマーコさん=キャンベラ近郊、小暮哲夫撮影

豪州や欧米のケースでは、教会は被害の苦情を受けると、加害者をほかの教区に異動させて発覚を避けてきた場合が多い。

報告書は、カトリックでの被害について、「独身主義は直接ではないが、一因だ」と指摘。豪州のカトリック教会に対し、ローマ法王庁(バチカン)に「独身主義を任意とするよう求めるべきだ」と提言した。

この問題に詳しいRMIT大学(メルボルン)のデスモンド・カール名誉教授は「(加害者は)被害者に『だれかに言うと神様が怒る』などと神秘的な言葉で黙らせてきた」と解説。一方で、子どもと親密になる環境で性的虐待を加える過程は「スポーツ団体など教会以外でも似通う点がある」と指摘し、採用する際に危険人物ではないかチェックすることが大切だと強調する。

調査委は、子どもを守る政府の専門部局の創設や、性虐待の防止に適切な対応を取らなかった団体に責任を負わせる法令の整備なども提言した。(シドニー=小暮哲夫)

豪政府の独立調査委員会が発表した子どもへの性的虐待についての報告書は17冊にも及ぶ=AP
豪政府の独立調査委員会が発表した子どもへの性的虐待についての報告書は17冊にも及ぶ=AP

聖職者による性的虐待、世界中で

カトリック聖職者による子どもへの性的虐待は、世界中で問題化している。フランシスコ法王は厳しい姿勢で臨む方針を示しているが、側近の一人が今年起訴されるなど問題は根深い。

「かつては問題を隠そうとしてきたが、今の法王は『刑事事件として罪に問われるべきだ』という姿勢を明確にしている。神父が独身であるかは関係ない」。豪州の調査委員会の勧告に対し、教会関係者の一人はこう話した。

聖職者による性的虐待は、半世紀以上前の古いものも含め、1990年代以降、次々に明るみに出た。米国では2002年までの約50年間で、約4500人の聖職者が約1万1千件の性的虐待に関与したことが判明。バチカンが事実を隠蔽(いんぺい)したり黙認したりしたとの指摘もあり、アイルランド議会は11年にバチカンを非難する決議を可決した。国連の「子どもの権利委員会」も14年に、バチカンに対して調査や訴追を徹底するよう勧告している。

フランシスコ法王は15年に米国を訪問した際、被害者と面会して謝罪。加害者の聖職者の身分を取り消したり、事実を隠す行為を処罰したりする厳罰化に取り組んできた。

一方で、法王の側近である豪州のジョージ・ペル枢機卿が今年6月、性的虐待の罪で起訴された。ペル枢機卿は容疑を否認しているが、法王は枢機卿を帰国させ、豪州の司法手続きを受けている。(バチカン=河原田慎一)

「突然抱きつかれ、性器触られた」

ダミアン・デマーコさん(49)も調査委が話を聞いた被害者の一人だ。キャンベラのカトリック系学校の7年生(日本の中1)だった13歳のとき、40代の男性教師に襲われた。

修道士でもあった男は、生徒を校内の自室に招いて菓子をくれ、テレビも見せてくれる人気者だった。休み時間にデマーコさんを自室に誘い、突然、背後から抱きついて性器に触り、下着を脱がそうとした。デマーコさんは何とか振り切って逃げた。

4~12年生の1千人以上が通う男子校で、教師も男性ばかり。「レイプされ、おぞましい思いをした被害者を何人も知っている。私は逃げられたから今、公に話せるのだが」。学校では、この男も含めて常時10人ほどの教師に「危ないから気をつけろ」といううわさがあったという。

12年生の時、学校に告発した。だが「何も起きなかった」。熱心なカトリック信者の両親には言わなかった。「両親もこの教師をよく知っていた。家族の信頼も得るのが彼らの手口だ」

カトリック教会の聖職者による性虐待(報道などによる。敬称・呼称略)

【オーストラリア】

ゲラルド・リッズデール 1960~90年代に豪ビクトリア州などで教会に通う子どもたちへの性虐待を繰り返す。通算40年の実刑判決を受ける。被害者は起訴された事件だけで79人

ジョセフ・ファーレル 70~80年代に豪ニューサウスウェールズ州で子どもたちへの性虐待を繰り返す。昨年5月、12人に対する79件の性的な暴行の罪で懲役18年の実刑判決

ジョージ・ペル フランシスコ法王側近のローマ法王庁幹部の枢機卿。豪州時代の複数の性的虐待罪で今年6月に起訴され公判中。本人は否認

【米国】

ジョン・ゲーガン 60~90年代に米マサチューセッツ州で130人以上の子どもたちに性虐待をする。2002年にボストン・グローブ紙がスクープして発覚。同年に9~10年の実刑判決

【アイルランド】

ブレンダン・スマイス 40~80年代にアイルランドのほか、米国、英国などで少なくとも143人の子どもたちに性的虐待を加えた。97年に12年の実刑判決

※教会はいずれも被害の苦情を受けると、加害者を別の教区に異動させるなどして事態を隠してきた。

情報源:キリスト教団体で性的虐待、被害4千人超 豪政府が調査 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

情報源:キリスト教団体で性的虐待、被害4千人超 豪政府が調査:朝日新聞デジタル


珍しくないだろ。
教育関係者、政治家、企業経営者、投資家、宗教家・・・
いわゆる権力者と言われる層は、何かしら後ろ暗いものがあるもんだ。