ロシアで来年「日本年」 歌舞伎公演や絵画展など文化交流 | NHKニュース

ふむ・・・


来年、ロシアで日本の文化行事として、歌舞伎の公演や江戸の絵画展などが行われることになり、モスクワに駐在する上月大使は文化交流の拡大を通じた理解の促進に期待を示しました。

日本とロシアは、人的交流を拡大しようと、来年(2018年)を『ロシアにおける日本年』とし、ロシア各地で日本の物産展やスポーツ交流の催しなどを行うことが決まっています。

7日、モスクワの日本大使館で開かれた天皇誕生日を祝う式典で、上月豊久大使はモスクワでは歌舞伎公演や江戸時代の絵画の展覧会を開催することを明らかにしました。そして「国民レベルで日ロの協力が実感できるようになってほしい」と述べて、文化交流の拡大を通じた国民どうしの理解の促進に期待を示しました。

これに対して、ロシア政府を代表して出席したゴロジェツ副首相は「日本との文化交流の拡大を歓迎している」と応じました。

式典の会場には、去年、プーチン大統領が訪日した際に首脳会談の舞台となった山口県の特産品である日本酒や海産物などが紹介され、友好ムードを盛り上げていました。

情報源:ロシアで来年「日本年」 歌舞伎公演や絵画展など文化交流 | NHKニュース


ほぉ・・・