イタリアの伝統的なピザ作りが無形文化遺産に

ナポリのピザ作り、ユネスコの世界遺産に 生地を空中で回転

イタリアは「ピッツァ」じゃなかったっけ?


ピザ生地を手で回して伸ばしていく職人技で知られるイタリアの伝統的なピザ作りが、ユネスコ=国連教育科学文化機関の無形文化遺産に登録されることが決まりました。

ユネスコの無形文化遺産は、世界各地の伝統文化や行事、それに伝統工芸品などを保護しようというもので、韓国で開かれている委員会で、7日、イタリア南部のナポリに伝わるピザ作りの職人技が登録されることが決まりました。

ナポリは現在のピザ作りの発祥の地とされ、ピザをふっくらと焼き上げるため、生地に含まれた空気が抜けないように、手で生地を伸ばしていく技術が職人の間で何世代にもわたって伝えられ、発展してきました。

生地を空中に投げたり、手で回したりする華麗な職人技は、アメリカに渡ったイタリア系の移民などによって世界中に広まり、今やイタリアの食文化を代表するものとなっています。

ユネスコによりますと、ナポリには現在、「職人」と認定されたおよそ3000人が技術の継承に取り組んでいるということで、イタリアの農林相はツイッターで「イタリアの食という文化遺産を守るため、また一歩前進した」と喜びをあらわしました。

ユネスコの無形文化遺産で食文化としては日本の和食や、韓国のキムチを漬け込む伝統文化、それに、フランスの美食術などが登録されています。

情報源:イタリアの伝統的なピザ作りが無形文化遺産に | NHKニュース


ナポリ伝統のピザ作りの技法が7日、ユネスコの無形文化遺産に認定された
ナポリ伝統のピザ作りの技法が7日、ユネスコの無形文化遺産に認定された

(CNN) 生地を空中で回転させるなどして形を整えるイタリア・ナポリ伝統のピザ作りの技法が7日、ユネスコの無形文化遺産に認定された。

韓国の済州島でこのほど開かれた無形文化遺産保護条約政府間委員会は、ナポリのピザ作りを含めて33の無形文化遺産を認定した。

古代ナポリ発祥のピザ作りは、生地を準備して、円形に形を整え、まきを使ったオーブンで焼く独特の工程が守られている。

この技法は、ナポリのピザ職人の間で何世代にもわたって受け継がれてきた。ユネスコによると、ナポリには現在、3000人のピザ職人がいる。

無形文化遺産への登録には、1988年に創設されたナポリ・ピザ職人協会が貢献した。同協会が運営する養成校には毎年120人が入学。2013年にはピザ作りの歴史を伝える初の国際ピザ職人博物館を開設している。

「ピザは人気があって安くて民主的で持続可能だ。ナポリのような困難を抱える都市で、幾つもの仕事をこなす人たちが、生き延びるために発明した。そのことを非常に誇りに思う。ピザがこれほどいいことばかりなのは、恐らく貧しい人たちによって発明されたからだろう」。ナポリにあるスオル・オルソラ・ベニンカサ大学のマリノ・ニオラ氏はそう解説する。

イタリアの申請では、ナポリのピザ作りについて、インドのナンやギリシャのピタなど、他国のパン作りとの関係を深める役割も果たしたと指摘していた。

今年の無形文化遺産にはほかにも、ドイツのオルガン音楽や、キルギスタン伝統の馬術競技、インドの祭り「クンブ」などが認定された。

情報源:ナポリのピザ作り、ユネスコの世界遺産に 生地を空中で回転 (CNN.co.jp) – Yahoo!ニュース

情報源:ナポリのピザ作り、ユネスコの世界遺産に 生地を空中で回転


特にナポリ式は、材料や製法で規定があったような・・・

「え! ピザとピッツァって違うの!?」ピザとピッツァの違いとナポリ式・ローマ式ピッツァの違い | 東京ガス ウチコト