世界の特許出願 中国が130万件と群を抜いて1位

世界の特許出願 中国が130万件と群を抜いて1位 | NHKニュース

人口の分母が違うしなぁ・・・


去年1年間に世界で出願された特許の件数は、国別で中国が130万件と最も多く、調査を行った国連の専門機関は、中国での研究開発が年々活発になっていて、知的財産に対する意識が高まっていることを示しているとしています。

世界の特許出願 中国が130万件と群を抜いて1位
世界の特許出願 中国が130万件と群を抜いて1位

国連の専門機関、WIPO=世界知的所有権機関は6日、スイスのジュネーブで記者会見し、去年1年間に世界で出願された特許の件数を発表しました。

それによりますと、世界全体の出願件数は312万7900件で、このうち最も多かったのは中国の133万8503件で、全体の4割を超えました。
この数は、2位のアメリカの60万5571件、3位の日本の31万8381件、4位の韓国の20万8830件をすべて合わせた数よりも多くなっています。

WIPOによりますと、中国での特許の出願件数は年々増加していて、研究開発が活発で知的財産に対する意識も高まっていることを示しているとしています。

WIPOの担当者は「驚異的な数だ。中国が経済成長を持続させるためイノベーションを重視した戦略を取っていることの象徴だ」と話しています。

情報源:世界の特許出願 中国が130万件と群を抜いて1位 | NHKニュース


ハァ・・・