昭和天皇独白録の“原本” 3000万円超で日本の院長が落札

昭和天皇独白録の“原本” 3000万円超で日本の院長が落札

高須院長か・・・


【ニューヨーク=上塚真由】昭和天皇が太平洋戦争などに関する出来事を戦後に回想した「昭和天皇独白録」について、側近が記録した原本とされる文書が6日、ニューヨークで競売に掛けられ、手数料と合わせ27万5千ドル(約3090万円)で落札された。

美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(72)が自身のブログで落札したことを公表。皇室に提供する意向を明らかにした。主催した競売会社も産経新聞の取材に、高須氏が落札したと認めた。

独白録は、昭和天皇が昭和3年の張作霖爆殺事件から、昭和20年のポツダム宣言受諾を経て終戦に至るまでの経緯を語った内容が書かれており、元外交官で側近の寺崎英成氏が鉛筆などで記録した。出品されたのは173ページ分で、寺崎氏の死後、遺族が米国で保管していたという。独白録の内容は平成に入って日本で出版され、大きな反響を呼んだ。

高須氏はブログで、現地にいる代理人を指示して落札したことを報告。「『昭和天皇独白録』は日本の未来に役立つ財産だ。日本に取り戻すのは国民の使命だと思う。皇室にお返しするぜ」などと書き込んだ。

情報源:高須克弥院長「日本の未来に役立つ財産だ。皇室にお返しするぜ」 昭和天皇独白録を落札 (産経新聞) – Yahoo!ニュース

情報源:高須克弥院長「日本の未来に役立つ財産だ。皇室にお返しするぜ」 昭和天皇独白録を落札 – 産経ニュース


「昭和天皇独白録」について側近が記録した原本とされる文書(ボナムス提供・共同)
「昭和天皇独白録」について側近が記録した原本とされる文書(ボナムス提供・共同)

昭和天皇が太平洋戦争などに関する出来事を戦後に回想した「昭和天皇独白録」について、側近が記録した原本とされる文書が6日、ニューヨークで競売に掛けられ、手数料と合わせ27万5千ドル(約3090万円)で落札された。主催した競売会社ボナムスによると、落札者は愛知県西尾市出身で美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長。高須氏はツイッター上で文書を皇室に提供する意向を示している。ボナムスは「20世紀の日本の歴史を理解する上で鍵となる資料だ」としている。

「昭和天皇独白録」について側近が記録した原本とされる文書(ボナムス提供・共同)
「昭和天皇独白録」について側近が記録した原本とされる文書(ボナムス提供・共同)

独白録は、昭和天皇が1946年春に張作霖爆殺事件から終戦に至るまでの経緯を側近に語った昭和史の第一級資料。同社によると、競売に出されたのは、側近の故寺崎英成氏が鉛筆などで記録した173ページ分。独白録の内容は90年代に日本で出版され、大きな反響を呼んだ。昭和天皇は独白録で、太平洋戦争の開戦の決定を拒否すれば日本国内は大混乱になり、日本は滅びたであろうと回想している。寺崎氏は昭和天皇と連合国軍総司令部(GHQ)のダグラス・マッカーサー司令官との会見の通訳を務めたことでも知られている。(共同)

情報源:「昭和天皇独白録」落札者は高須クリニック院長高須克弥氏 皇室に提供の意向 – 産経ニュース


美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(72)が7日、米オークションに出品された昭和天皇の回想録を落札した。オークションサイト「Bonhams」によると落札額は22万ドルで、手数料を合わせると27万5000ドル(約3090万円)となる。

出品されたのは昭和天皇が戦後、側近に語った内容を記録した回想録とされる「昭和天皇独白録」という文書。高須院長は現地にいる代理人を指示し、オークションの行方を見守った。

落札に成功した高須院長は自身のブログを更新し「『昭和天皇独白録』は日本の未来に役立つ財産だ。日本に取り戻すのは国民の使命だと思う。皇室にお返しするぜ。なう」と興奮した様子だった。

情報源:高須院長が「昭和天皇独白録」約3000万円で落札 (日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

情報源:高須院長が「昭和天皇独白録」約3000万円で落札 – 芸能 : 日刊スポーツ


昭和天皇が太平洋戦争などに関する出来事を戦後に回想した「昭和天皇独白録」について、側近が記録した原本とされる文書が6日、ニューヨークで競売に掛けられ、手数料と合わせ27万5千ドル(約3090万円)で落札された。

主催した競売会社ボナムスによると、落札者は愛知県西尾市出身で美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長。高須氏はツイッター上で文書を皇室に提供する意向を示している。ボナムスは「20世紀の日本の歴史を理解する上で鍵となる資料だ」としている。

独白録は、昭和天皇が1946年春に張作霖爆殺事件から終戦に至るまでの経緯を側近に語った昭和史の第一級資料。同社によると、競売に出されたのは、側近の故寺崎英成氏が鉛筆などで記録した173ページ分。独白録の内容は90年代に日本で出版され、大きな反響を呼んだ。

昭和天皇は独白録で、太平洋戦争の開戦の決定を拒否すれば日本国内は大混乱になり、日本は滅びたであろうと回想している。

寺崎氏は昭和天皇と連合国軍総司令部(GHQ)のダグラス・マッカーサー司令官との会見の通訳を務めたことでも知られている。

情報源:高須氏落札の「昭和天皇独白録」昭和史の第一級資料 – 芸能 : 日刊スポーツ


昭和天皇が戦争に関する出来事を回想した「昭和天皇独白録」について、側近が記録した原本とされる文書が、アメリカ・ニューヨークでオークションにかけられ、3000万円を超える価格で落札されました。

「昭和天皇独白録」は、戦後まもなく昭和天皇が回想し、元外交官で側近の寺崎英成氏に書き取らせた記録で、平成に入ってから出版され、大きな反響を呼びました。

この記録の原本とされる文書が6日、ニューヨークでオークションにかけられ、手数料込みで27万5000ドル(日本円でおよそ3080万円)で落札されました。日本国内の各地で展開する美容クリニックの院長が落札したとみずからのツイッターに投稿しました。

文書は、昭和天皇が陸軍の謀略による昭和3年の張作霖爆殺事件から昭和20年のポツダム宣言受諾を経て、終戦の際の玉音放送収録に至るまでを語った合わせて173ページ分で、寺崎氏が鉛筆などで記録しています。寺崎氏は、昭和天皇とGHQ=連合国軍総司令部のマッカーサー最高司令官との会談の通訳を務めたことでも知られ、文書は戦後、アメリカに移った家族の家に保管されていたということです。

オークション会社の担当者は、「日本が大きく変化した時代に昭和天皇が発した言葉が記されており、大きな価値がある文書だ。寺崎氏の遺族が日本に返されるべきだと考えてオークションに出したので、日本で多くの人が見られるようになってほしい」と話していました。

情報源:昭和天皇独白録の“原本” 3000万円超で日本の院長が落札 | NHKニュース


高須克弥オフィシャルブログ「YES高須クリニック! 」Powered by Ameba


お金のつい買い方が良いねぇ・・・