ダビンチのキリスト画、ルーブル・アブダビで所蔵へ 510億円で落札

ほぉ・・・


【12月7日 AFP】11月に米ニューヨークで競売に掛けられ、美術品としては史上最高額となる4億5030万ドル(約510億円)で落札された、イタリア・ルネサンスの巨匠レオナルド・ダビンチ(Leonardo Da Vinci)作とされる約500年前の絵画「サルバトール・ムンディ(救世主、Salvator Mundi)」が、アラブ首長国連邦(UAE)の「ルーブル・アブダビ(Louvre Abu Dhabi)」美術館に所蔵されることになった。同美術館が6日、明らかにした。

ルーブル・アブダビはフランス国外で初めて「ルーブル」の名を冠する美術館で「アラブ世界初の世界に通じる美術館」と呼ばれている。ツイッター上で作品の画像と共に、アラビア語、英語、フランス語で所蔵することを告知した。

フランス誌ジュルナル・デュ・ディマンシュ(Journal du Dimanche)は、「サルバトール・ムンディ」の落札には投資会社2社が絡んでいると報じ、同作品は今後中東やアジアの美術館を中心に貸し出されたり売却されたりするだろうと伝えている。

「サルバトール・ムンディ」の落札額は2015年に同じく米ニューヨークで競売に掛けられ、1億7940万ドル(約200億円)で落札されたパブロ・ピカソ(Pablo Picasso)の「アルジェの女たち(バージョンO)(Women of Algiers (Version O))の記録を大幅に更新した。(c)AFP

情報源:ダビンチのキリスト画、ルーブル・アブダビで所蔵へ 510億円で落札 (AFP=時事) – Yahoo!ニュース

情報源:ダビンチのキリスト画、ルーブル・アブダビで所蔵へ 510億円で落札


【アブダビAFP=時事】11月に米ニューヨークで競売に掛けられ、芸術作品としては史上最高額の約4億5000万ドル(約505億円)で落札された、レオナルド・ダビンチが描いたイエス・キリストの肖像画「サルバトール・ムンディ」(救世主)が、アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビの美術館「ルーブル・アブダビ」に所蔵される。美術館が6日、ツイッターで明らかにした。

美術館は英語、アラビア語、フランス語で「ダビンチの『サルバトール・ムンディ』がルーブル・アブダビに来る」とつづった。先月のオークションでは落札者は明らかにされなかったが、これにより美術館側の関係者である可能性が出てきた。(2017/12/07-11:30)

情報源:ダビンチ作品、アブダビへ=史上最高額で落札のキリスト画:時事ドットコム


レオナルド・ダビンチの油絵「サルバトール・ムンディ」=10月24日、ロンドン(AP)
レオナルド・ダビンチの油絵「サルバトール・ムンディ」=10月24日、ロンドン(AP)

米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は6日、巨匠レオナルド・ダビンチがキリストを描いた油絵を11月に美術品としては史上最高額の約4億5千万ドル(約506億円)で落札したのは、サウジアラビアのバデル王子だったと報じた。

競売を主催した競売大手クリスティーズによると、この絵は20枚もない現存するダビンチの絵画のうち唯一の個人所有で、長年行方不明になっていた「幻の作品」。落札者に注目が集まっていた。(共同)

情報源:ダビンチの油絵、5百億円で落札したのはサウジ王子 – 産経ニュース


へぇ・・・