アップルCEO 中国でのアプリ配信停止を釈明

アップルCEO 中国でのアプリ配信停止を釈明 | NHKニュース

ふむ・・・


アメリカのIT企業アップルのCEOは中国で開かれたフォーラムで、ネット規制を強める中国政府の要請に従って、規制の網をくぐり抜けてサイトを閲覧できるアプリの配信を停止したことについて、「自由は信奉しているが、外にいては変えることはできない」と述べ、批判に対して釈明しました。

中国南部・広東省広州ではアメリカの経済誌が主催し、世界の企業経営者が参加する「フォーチュングローバルフォーラム」が6日、始まりました。

この中でアップルのティム・クックCEOは、ネット上の言論に対する規制を強めている中国政府からの要請に従って、規制の網をくぐり抜けてサイトを閲覧できるVPNと呼ばれるアプリの一部を配信サービスから削除したことについて「アメリカ人として自由を信奉しているが、国にはそれぞれの法律と規制がある。外にいては変えることはできないので、市場に入ることを選んだ」と述べ、言論の自由より自社の利益を優先したのではないかという批判に対して釈明しました。そのうえで「いつかは以前の状態に戻るだろうと希望を持っている」と述べました。

一方、中国経済の展望について中国の企業家からは、前向きな発言が相次ぎ、ネット通販最大手「アリババグループ」のジャック・マー会長は、「中国には1つの政党しかないと批判する人もいるが、政治体制が安定しているので、さらなる成長を確信している」と述べました。

情報源:アップルCEO 中国でのアプリ配信停止を釈明 | NHKニュース


へぇ・・・