傘回しの曲芸で人気 海老一染之助さん死去

傘回しの曲芸で人気 海老一染之助さん死去

83歳か・・・


曲芸を披露する海老一染之助さん。左は兄の染太郎さん
曲芸を披露する海老一染之助さん。左は兄の染太郎さん

伝統演芸・太神楽(だいかぐら)の曲芸師・海老一染之助さん=本名・村井 正親(むらい まさちか)=が6日午前11時31分、肺炎のため、東京都杉並区の病院で死去した。83歳だった。京都出身。兄の染太郎さんとのコンビで人気だった。葬儀・告別式や喪主は未定。

「海老一染之助・染太郎」は実の兄弟によるコンビ。「お染ブラザーズ」の愛称で「おめでとうございま〜す」と言いながら和傘の上で毬(まり)を回す芸が有名で、正月の風物詩のように親しまれていた。兄の染太郎さんは2002年に死去し、弟の染之助さんがピンで活動してきた。

1945年、二代目海老一海老蔵に入門。46年、新宿末広亭で海老一勝太郎・小福の名で初舞台。49年、海老一染之助・染太郎に改名した。伝統的な古典芸を速いテンポと独特な話術で披露し、人気を得た。

85年、第1回浅草芸能大賞奨励賞。88年からはフジテレビ「笑っていいとも!」にレギュラー出演。正月番組の顔として、お茶の間に親しまれた。89年には「おめでとうございます」でレコードデビューした。

情報源:海老一染之助さん死去 兄の染太郎さんとのコンビで人気 (スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

情報源:海老一染之助さん死去 兄の染太郎さんとのコンビで人気― スポニチ Sponichi Annex 芸能


傘の上でまりなどを回す曲芸で知られる伝統芸能の太神楽の曲芸師、海老一染之助(えびいち・そめのすけ、本名・村井正親=むらい・まさちか)さんが6日、肺炎のため、東京都内の病院で死去した。83歳。葬儀・告別式や喪主は未定。

芸能一家に生まれ、昭和20年、二代目海老一海老蔵に入門。以来、亡くなった兄の染太郎さんとコンビを組み、太神楽の曲芸師として活躍した。

十八番の傘回しでは、染太郎さんが軽快なテンポでしゃべりを展開する一方で、染之助さんが曲芸を披露。「弟は肉体労働、兄は頭脳労働でギャラは同じ」などと、観客の受けを取った。

平成元年には「染之助・染太郎のおめでとうございます」でレコードデビュー。正月のテレビ番組に出演し、お茶の間の人気者だった。

情報源:太神楽曲芸師、海老一染之助さん死去 83歳、兄の故・染太郎さんとコンビの傘回しで人気 (産経新聞) – Yahoo!ニュース

情報源:太神楽曲芸師、海老一染之助さん死去 83歳、兄の故・染太郎さんとコンビの傘回しで人気 – 産経ニュース


海老一染之助さん(えびいち・そめのすけ=太神楽曲芸師、本名村井正親〈むらい・まさちか〉)が6日、急性肺炎で死去、83歳。通夜と葬儀の日取り、喪主は未定。

東京都出身。45年に二代目海老一海老蔵に入門し、46年初舞台を踏んだ。兄の故・海老一染太郎さんとコンビを組み、「海老一染之助・染太郎」(愛称・お染ブラザーズ)として活躍。「おめでとうございます」の発声に合わせ、和傘でまりや升などを回す芸がおはこで、テレビの娯楽番組などを通じ、全国的に人気を博した。

情報源:海老一染之助さん死去 兄・染太郎さんとの和傘芸で人気 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

情報源:海老一染之助さん死去 兄・染太郎さんとの和傘芸で人気:朝日新聞デジタル


「おめでとうございます」などのかけ声と共に傘の上でまりなどを回す芸で知られる、伝統芸能「太だい神楽かぐら」の曲芸師、海老一染之助(えびいち・そめのすけ、本名・村井正親=むらい・まさちか)さんが6日午前11時31分、肺炎で死去した。

83歳だった。告別式や喪主は未定。

1945年、太神楽の二代目海老一海老蔵に入門。翌年、東京・新宿末広亭で初舞台を踏んだ。コンビを組んでいた兄の染太郎さんが「いつもより余計に回しております」などとはやす声に合わせて、染之助さんが傘を操る陽気な芸で広く愛され、テレビ番組でも活躍した。2002年に染太郎さんが死去した後は一人で舞台に立った。

情報源:兄の声に合わせ傘回し…海老一染之助さん死去 (読売新聞) – Yahoo!ニュース

情報源:兄の声に合わせ傘回し…海老一染之助さん死去 : カルチャー : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


兄弟でコンビを組み、伝統的な傘回しの曲芸で人気を集めた海老一染之助さんが6日、肺炎のため、東京都内の病院で亡くなりました。83歳でした。

海老一染之助さんは東京都の出身で、昭和21年に兄の染太郎さんとコンビを組んでデビューしました。

傘の上でまりや升などを回す伝統的な傘回しの曲芸で知られ、染太郎さんの「おめでとうございます」「いつもより多く回しております」などとはやし立てる声に合わせて軽妙な芸を披露する姿は、テレビや舞台で多くの人に親しまれました。

染之助さんは、平成14年に染太郎さんが亡くなってからも1人で活動を続けていましたが、家族によりますと、80歳を前に事実上引退していました。ここ数年は入退院を繰り返し6日午前、東京都内の病院で肺炎のため亡くなったということです。

情報源:傘回しの曲芸で人気 海老一染之助さん死去 | NHKニュース


お悔やみ申し上げます。