「パナマ文書」女性記者殺害容疑で10人拘束 マルタ

「パナマ文書」ジャーナリスト殺害で拘束

ふむ・・・


地中海の島国マルタで、いわゆる「パナマ文書」の報道に携わっていた女性記者が殺害された事件で、マルタのムスカット首相は殺害に関わった疑いで10人を拘束したと発表し、事件の全容解明につながるのか注目されています。

各国の首脳などの資金隠しや課税逃れなどを暴いた「パナマ文書」の調査報道に携わっていたマルタの記者、ダフネ・カルアナガリチアさん(53)は、ことし10月、運転していた車が爆破されて死亡しました。

カルアナガリチアさんは、政治家の腐敗を厳しく追及し、パナマ文書をめぐってマルタのムスカット首相の妻が資金を隠していた疑惑も報じていました。

マルタの警察は、これまでアメリカのFBI=連邦捜査局などの協力を得て捜査を進めてきましたが、ムスカット首相は4日、声明を発表し、殺害に関わった疑いでマルタ国籍の10人を拘束したことを明らかにし、近く起訴するかどうかを判断するとしています。ただ、容疑者の身元や拘束に至った詳しい経緯などは明らかにされておらず、容疑者の拘束が事件の全容解明につながるのか注目されています。

事件のあとマルタでは、多くの報道関係者が「脅迫には屈しない」とする声明を発表し、報道や言論の自由を脅かす暴力への反発が広がっています。

情報源:「パナマ文書」女性記者殺害容疑で10人拘束 マルタ | NHKニュース


10月に殺害されたマルタの記者ダフネ・カルアナガリチアさん=2016年4月(AP)
10月に殺害されたマルタの記者ダフネ・カルアナガリチアさん=2016年4月(AP)

タックスヘイブン(租税回避地)の実態を暴いた「パナマ文書」の報道に参加した地中海の島国マルタの女性記者、ダフネ・カルアナガリチアさん(53)の殺害事件に関与したとして、同国の捜査当局は4日、容疑者10人を拘束した。いずれもマルタ人という。ムスカット首相が明らかにした。

カルアナガリチアさんは10月16日、マルタ北部で車を運転中に爆弾が爆発し死亡、当局が殺害されたとみて捜査を進めていた。

カルアナガリチアさんはムスカット首相夫妻の不正資金疑惑を報じるなど与野党政治家の不正を追及し、同国随一の調査報道記者として知られていた。政治的動機による殺害の可能性も指摘されている。

地元メディアによると、カルアナガリチアさんは1980年代に記者としての活動を始め、2008年に自らニュースサイトを開設、政治の腐敗告発を続けた。(共同)

情報源:マルタ女性記者殺害で10人拘束 パナマ文書報道に参加 – 産経ニュース


「パナマ文書」ジャーナリスト殺害で拘束

各国の政治家らによる租税回避地の利用を指摘するいわゆる「パナマ文書」の報道に携わっていた女性ジャーナリストが殺害された事件で、マルタの首相は4日、容疑者10人を拘束したと発表した。

この事件はマルタの女性ジャーナリスト、ダフネ・カルアナガリチアさんが、10月に車に仕掛けられた爆弾で殺害されたもの。カルアナガリチアさんは、マルタの政治家の汚職を追及していて、各国の政治家や著名人による租税回避地の利用を指摘するいわゆる「パナマ文書」の調査報道でマルタのムスカット首相の妻の不正資金疑惑なども報じていた。

ムスカット首相は4日、カルアナガリチアさん殺害に関わった疑いで、容疑者10人を拘束したとの声明を出した。

ロイター通信などによると10人は全員マルタ国籍で、そのほとんどに犯罪歴があるという。犯行に至った経緯や背景などは明らかになっていない。

情報源:「パナマ文書」ジャーナリスト殺害で拘束(日本テレビ系(NNN)) – Yahoo!ニュース

情報源:「パナマ文書」ジャーナリスト殺害で拘束|日テレNEWS24


ほぉ・・・