猫ひろし国際大会で2位「ニャー大きすぎてグリコに…」

へぇ・・・


参加ランナーとともに遺跡内を駆け抜ける有森裕子さん(中央奥)=3日、カンボジア北西部シエムレアプ(共同)
参加ランナーとともに遺跡内を駆け抜ける有森裕子さん(中央奥)=3日、カンボジア北西部シエムレアプ(共同)

カンボジア北西部シエムレアプで3日、毎年恒例のアンコールワット国際ハーフマラソンが開かれた。長年支援してきた女子マラソン五輪メダリストの有森裕子さん(50)ら世界各国のランナーが、アンコール遺跡群の中を疾走した。

大会は地雷被害者支援などを目的とし今年で22回目。欧米や日本など70カ国を超えるランナー1万人超が参加登録した。レースには車いすや義足のランナーも加わり、寺院遺跡が立ち並ぶコースを思い思いのスタイルで駆け抜けた。

今回は政府主催のイベントが遺跡群内で開かれるため、スタート地点を例年のアンコールワット前から変更した。

男子ハーフマラソンではリオデジャネイロ五輪男子マラソンのカンボジア代表、猫ひろし(本名滝崎邦明)さん(40)が2位に入賞した。(共同)

情報源:アンコールワット国際ハーフマラソンに有森裕子さんら参加 猫ひろしさんは男子ハーフで2位 – 産経ニュース


カンボジアの国際ハーフマラソンで2位に入った猫ひろしさん(ワハハ本舗提供)
カンボジアの国際ハーフマラソンで2位に入った猫ひろしさん(ワハハ本舗提供)

お笑いタレントの猫ひろしさん(40)が3日、カンボジアで開かれた国際ハーフマラソンに出場し、1時間14分42秒の記録で2位に入った。カンボジア勢としては1位だった。

猫さんは2011年にカンボジア国籍を取得し、14年のアジア大会、16年のリオデジャネイロ五輪の男子マラソンなどにカンボジア代表として出場してきた。今回、猫さんが出たアンコールワット国際ハーフマラソンは1万人以上が参加し、カンボジアで最大規模の大会という。

結果を受け、猫さんは「1週間前にコースが変わったり、28分遅れでスタートしたりと、なかなかの穏やかさだったけど、全体2位、カンボジア人としては1位でした。ゴールのニャーが大きすぎてグリコになった猫さんでしたニャー」とコメントを出した。

情報源:猫ひろし国際大会で2位「ニャー大きすぎてグリコに…」:朝日新聞デジタル


ほぉ・・・