元スマに新たな火種、加藤浩次の発言が波紋 スッキリVTR編集に「何だよ、それ」

へぇ・・・


  • 23日に放送された「スッキリ」のVTRについてサイゾーウーマンが伝えた
  • 山里亮太が授賞式映像に除外された元SMAPらに言及し、3人の受賞が判明
  • 山里は局側の忖度を押し付けるなと激怒し、独断で3人を紹介したと関係者

加藤の発言は元SMAPの草なぎ、稲垣、香取(写真、左から)の援護射撃か
加藤の発言は元SMAPの草なぎ、稲垣、香取(写真、左から)の援護射撃か

元SMAPの3人をめぐって、新たな火種が生まれた。3人が登壇したイベントの紹介映像について、お笑いコンビ、極楽とんぼの加藤浩次(48)の発言がネット上で波紋を広げているのだ。3人が目覚ましく活動するほど、火種は増え続ける。

事の発端は、11月22日、2017年に最も輝いた男性を表彰する「GQ MEN OF THE YEAR 2017」に香取慎吾(40)、稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)の3人が選ばれたことに始まる。

翌日のワイドショーでは、多くの局がこのニュースを取り上げており、加藤がMCを務めている日本テレビ系「スッキリ」でも紹介した。このとき、事件は起きた。

VTRを見ながら、加藤は「香取くんと草なぎくんと、吾郎ちゃんも選ばれてるのよね」などと語っていたが、次第に険しい表情に。途中で、ぼそぼそと「何だよ、それ」という声が流れてしまったのだ。

「受賞したのは香取ら3人を含めて9人。VTRで6人は紹介されましたが、香取ら3人については触れられなかったのです。加藤の発言はそうした編集に対して、投げかけられたものだったようです」とスポーツ紙記者。

そして、この発言がネット上で拡散すると、加藤を称賛する声が広がったのだ。「司会として見直した」「よく言った」といった書き込みが殺到した。

「加藤は11月29日に放送されたフジテレビの『おじゃMAP!!』で香取と共演しています。ドラマ『人にやさしく』で共演したつながりですが、加藤が相方の山本圭壱の不祥事で落ち込んでいるときに、香取の言葉で救われたというエピソードを明かしています」と放送関係者。

さらに「加藤は情に厚いタイプ。相方の山本も切ることができなかった。それだけに今の香取の置かれている状況を非常に気にしています。『スッキリ』での発言もそうした思いから出たものでしょう」と続ける。

香取と稲垣は来年2月から、ノンアルコールビールのCMに出演することも決まるなど、元SMAPの勢いはとどまることを知らない。しかし、どこかでハレーションが起きている。3人の真価が問われるのは、ここからだ。

情報源:元スマに新たな火種、加藤浩次の発言が波紋 スッキリVTR編集に「何だよ、それ」 (夕刊フジ) – Yahoo!ニュース

情報源:元スマに新たな火種、加藤浩次の発言が波紋 スッキリVTR編集に「何だよ、それ」


11月23日に放送された日本テレビ系情報番組『スッキリ』の一部内容が、業界内外で物議を醸している。番組ではこの日、今年活躍した男性を表彰する『GQ MEN OF THE YEAR 2017』の授賞式の様子を放送したが、受賞者の元SMAP・稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の映像を流さなかったため、「局内からもブーイングが起きている」(テレビ局関係者)という。

「今年の『GQ』アワードは、稲垣らのほか、斎藤工や長谷川博己、ロバート・秋山竜次などが受賞。『スッキリ』では『エンタメまるごとクイズッス』のコーナーでこの話題を取り上げたものの、元SMAPの3人をスルーしたんです」(芸能ライター)

しかし、途中で同コーナーの“天の声”を担当している南海キャンディーズ・山里亮太が、コメントで3人の受賞に言及。その後、番組司会の極楽とんぼ・加藤浩次が驚いたような表情で「なんだよ、それ」と呟く一幕があった。

「番組が、“3人の姿だけわざとカットしたVTR”を用意していたのは明らかで、視聴者からはクレームが殺到。どうしてあのような映像が使われたのかというと、全ては、編成スタッフの指示によるものだったんです」(関係者)

テレビ各局には“ジャニーズ担当”の編成スタッフが存在し、『GQ』アワードの放送内容を決めたのは、藤島ジュリー景子副社長とつながりのある人物だったとか。

「飯島三智氏率いる元SMAPをVTRから除外すれば、ジャニーズ側への忠誠心を示すことになると思い込んだようです。しかし、今回のやり方には、局内でも否定的な声が相次いでおり、上層部は慌てふためいています」(同)

ちなみに加藤は、元SMAPの3人が除外されているとは事前に知らされておらず、あのようなリアクションを取ったというが……。

「山里は、事前に内容を知らされていました。しかし、彼は『局側の忖度を押し付けるな!』とスタッフに反発し、独自の判断で3人の名前を紹介。結果的に、ネット上には『山ちゃん、ありがとう!』などと、3人を応援するファンたちから感謝が寄せられました。山里以外の出演者も、事態を知って裏ではあのVTRに大激怒していましたよ」(同)

一方、日テレは今回の対応で、ジャニーズとの関係を深められると思い込んでいたようだが、実際には真逆の展開に。

「裏事情を知らない視聴者には、『ジャニーズが圧力をかけた』としか見えないため、日テレはむしろジャニーズのネガティブキャンペーンを打ったに等しい。その上、内部からも批判が噴出しているだけに、誰の得にもならない結果となってしまいました」(同)

行き過ぎた忖度は、不幸を生むだけなのかもしれない。

情報源:南キャン・山里、日テレ『スッキリ』に激怒の反撃!? 「元SMAP除外」VTR放送の舞台裏|サイゾーウーマン



ほぉ・・・