中国銀行行員が約2億円を着服

中国銀行行員が約2億円を着服 | NHKニュース

ハァ・・・


岡山市に本店がある中国銀行の30代の男性行員が、複数の顧客に架空の資金運用を持ちかけて、預金口座から合わせておよそ2億円を不正に引き出し、着服していたことがわかりました。中国銀行はこの行員を30日付けで懲戒解雇にするとともに、今後、刑事告訴することにしています。

懲戒解雇されたのは、中国銀行の高松支店に勤務していた31歳の男性行員です。

中国銀行の発表によりますと、この行員は10月までの2年余りにわたって複数の顧客に架空の資金運用を持ちかけ、このうち11人の預金口座からおよそ2億円を引き出し着服していたということです。

今月になって顧客からの問い合わせで不正が発覚し、内部調査に対して「ギャンブルや、外国の通貨を売買するFX取引などの損失の補填(ほてん)に使った」と話しているということです。

中国銀行は、この行員を30日付けで懲戒解雇にするとともに、今後、刑事告訴することにしています。

30日会見を開いた中国銀行の宮長雅人頭取は「信用を第一にする金融機関でこのような事態を招き、深く反省している。再発防止に努めたい」と陳謝しました。

情報源:中国銀行行員が約2億円を着服 | NHKニュース


何やってんだか・・・