ゴールデン・グラブ賞表彰式|NHK 広島のニュース

ふむ・・・


プロ野球で守備のすぐれた選手に贈られる「ゴールデン・グラブ賞」の表彰式が30日に行われ、カープから選ばれた3人の選手が喜びを語りました。

表彰式は東京都内のホテルで行われ、両リーグの各ポジションで受賞した選手が順番に紹介されたあと、それぞれの選手が使っているグラブやミットをかたどった金色のトロフィーが贈られました。

セ・リーグでは、37年ぶりにリーグ連覇を果たしたカープから菊池選手、丸選手、鈴木選手の3人が選ばれました。

セカンドで5年連続5回目の受賞で、両リーグ通じて最多得票となった菊池選手は「コンディション不良などがありながら、一生懸命頑張ったシーズンだった。苦しかったが、チームメートにも助けられた。守備では、スタート、一歩目が大事だと思う」と守備のコツを話していました。

外野手で5年連続5回目の受賞となった丸選手は「初めて取ったときと変わらず、うれしく思う。まだまだだと思うので、また来年、ここに呼ばれるよう頑張っていきたい。菊池選手のように派手なプレーはできないので、堅実にこつこつとやれることをやっていきたい」と話していました。

同じく外野手で2年連続2回目の受賞となった鈴木選手は「シーズン途中でけがをして離脱し、こういう賞をもらえると思っていなかったのでうれしい。肩の強さを売りにしているので、来シーズンは足の速いランナーをどんどん刺せるよう、精度を上げていきたい」と話していました。

情報源:ゴールデン・グラブ賞表彰式|NHK 広島のニュース



来年も頼むぞ。