「ADSL」2023年めどに終了へ NTT東西

「ADSL」2023年めどに終了へ NTT東西 | NHKニュース

ふむ・・・


NTT東日本と西日本は、通常の電話回線で高速のインターネットを使えるサービスとして、17年前に始めた「ADSL」について、光回線などの普及で利用が減っていることから、山間部や離島などを除いて、2023年をめどにサービスを終了すると発表しました。

「ADSL」2023年めどに終了へ NTT東西

「ADSL」は、従来の電話回線に「モデム」と呼ばれる装置をつけるだけで、高速でインターネットを利用できるサービスで、NTT東日本と西日本は平成12年に導入しました。

ソフトバンクグループの「Yahoo!BB」をはじめ、多くの企業がサービスを展開して、契約者の数は平成18年3月末には1451万件に達し、一般の家庭にインターネットを普及させる大きな役割を果たしました。

しかし、より高速な光回線や携帯電話に押され、契約者の数はことし3月末には251万件と、ピーク時の2割以下に減少しています。

こうした状況を受けて、NTT東西は、ADSLのサービスを2023年1月末で終了すると発表しました。ただ、離島や山間部などで、光回線を引くことが難しい地域では、ADSLサービスを続けるとしています。

ADSLのサービスは、すでに撤退する事業者が相次いでいますが、かつてブームの火付け役となったソフトバンクは、「Yahoo!BB」などの個人向けのサービスを当面続けていくとしています。

情報源:「ADSL」2023年めどに終了へ NTT東西 | NHKニュース



ISDNの新規受付も終了らしい。